男性の恋愛・結婚をサポートする情報を提供するメディア

美人の彼女を作るデメリットとは?口コミ・実体験から徹底解説

タクヤ
WRITER
 
恋活・婚活
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

タクヤです。

こちらでは、

「美人の彼女を作るデメリット」についてご紹介

しています。

男性が人生で一度はゲットしたい「美人の彼女」
メリットはたくさんあっても、デメリットなんて無いように思いますよね。

結論から言ってしまうと、美人の彼女の最大のデメリットとは

「別れたときの喪失感」
「そうなることへの恐怖」

これに尽きると思っています。

現在進行形で美人の彼女がいる&以前美人の彼女がいた私が言うのですから間違いありません。
実際に、今現在、このデメリットに悩んでいるところですからね(笑)
きっと、同じく美人の彼女がいる&いた男性には分かってもらえると思います。

詳しくは、後ほどじっくりとご説明しますね。

この記事を読めば、次のことが分かります。

・美人&可愛いの彼女がいることによるデメリット

これから美人の彼女を作ろうとしている方、今現在可愛い彼女がいる方など、デメリットが気になる方は参考にしてください。

美人の彼女のデメリット

恋活・婚活

まずは、「今現在、既に美人の彼女がいる」もしくは「昔、美人の彼女がいた」男性が話すデメリットについてお話しします。

「なるほどな!」と思うものから、「そんなことまで…!」と驚くようなことまで、いろいろなデメリットがあるので参考にしてくださいね。

別れたときの喪失感

恋活・婚活

「別れたときの喪失感」は、美人の彼女のデメリットと言えます。

できたときの喜びはひとしおな美人の彼女ですが、それと同じくらい別れたときのショックも大きいです。
可愛い彼女に慣れているイケメンならまだしも、そうでない男性にとっては「もう、あんな美人と付き合える機会なんて二度とない…」と感じるでしょう。

私も、朝ドラヒロインをやっていそうなレベルの清楚系美人と付き合っていたことがあったのですが、振られたときは、その後失恋うつを発症してしまい、仕事も趣味もまったく手につかなくなってしまいました。

復帰するまでに半年ほど掛かり、今でもまだ完全に心の傷は癒えていません。

ブスでも普通でも美人でも、どんな彼女でも別れた時のショックは少なからずありますが、美人の彼女の場合は、比較にならないほど大きなショックを受けます。
彼女にできたときの喜び、彼女として交際中の幸せは人一倍高い美人ですが、失ったときの喪失感も倍以上あります。

ただ悲しいだけならともかく、それが尾を引いて健康面や仕事などにも悪影響を及ぼしてしまうと、大きなデメリットと言えるでしょう。

気疲れしてしまう

恋活・婚活

「気疲れしてしまう」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。
「別れたときの喪失感」の前の段階というイメージでしょうか。

彼女が美人だと、「彼女の顔色をうかがう」「他の男が寄らないか不安」「自分が彼女に見合っているか心配」色々な悩みが付きまといます。 振られるのでは?という恐怖心があるからですね。

自分がイケメン金持ちで、彼女に惚れられてる自信を十分に持てれば、こんな心配はしなくても済むでしょう。
もしくは、ブスだったり、大して可愛くない彼女なら、そういった心配もほどほどに「どーん」と構えていられるので、気疲れすることもなく、良い温度感で付き合えるでしょう。

しかし、

実際に美人の彼女ができたら、大半の男性はそう簡単にはいかないはずです。

少しでも機嫌を損ねないように顔色を伺ったり、ちょっとLINEの返信が遅くなったり、会えない日が続くと、他の男の影を心配したり…
別れた時のショックが大きいことが分かっているからこそ、決して別れないよう・振られないように、神経をとがらせて過ごさなくてはいけません。
そんな調子では、せっかくできた美人の彼女なのに、癒されるどころか気疲れしてしまいますよね。

美人の彼女だからこそ、彼女自身にも、周りにも、自分自身にも気を張っておかなければならず、結果的に気疲れしてしまうのはストレスと言えます。

浮気の心配が絶えない

恋活・婚活

「浮気の心配が絶えない」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。
「気疲れしてしまう」と意味合いは同じになりますが、特に「男関係」に特化した悩みと言えます。

美人はいつだって、男性から言い寄られているもの。 男性である私は今まで知りませんでしたが、美人から聞いた話だと、それはもう想像以上に「多くの男性から声を掛けられている」ようです。 知人や友達はもちろん、仕事関係からナンパにいたるまで。。
街を歩けば声を掛けられる…ハイクラスの美人だと、そういう生活を送っているんですね。

そう考えると、もし彼女になったとしても安心はできません。
常に浮気の心配をしなければならないんですね。

彼女のことを信用していたとしても、声を掛けてくる男を100%防ぐことは難しいです。
四六時中彼女に付いて回ることはできませんからね。

彼女が浮気性なら非常に怖いでしょうし、そうでなかったとしても、不安ですよね。
それに、

もし喧嘩をしたり、自分に飽きたら、すぐに他の男の元へ言ってしまうのでは?という不安もあります。

そういった

不安を抱えたまま交際を続けなければならないのは、美人の彼女ならではのデメリットと言えるでしょう。

お金の消費が激しくなる

恋活・婚活

「お金の消費が激しくなる」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。

美人の彼女ができたら、「彼女を楽しませるよう」「彼女に喜んでもらえるよう」

・美味しいご飯を食べさせてあげたり
・楽しいデートに連れて行ってあげたり
・素敵なプレゼントを買ってあげたり

とにかく、お金がかかるようになります。

もちろん、そんなことを望まない、お金の掛からない美人もいますが、相対的に見ると、美人じゃない女性よりは美人の方がお金が掛かる傾向にはあります。

美人の彼女から「あれが欲しいな」「これ買って?」と可愛くおねだりされたら、つい買ってあげたくなりますよね。
中には、「買ってあげないと、彼女のワガママを聞いてあげないと、振られてしまう…」という強迫観念から、お金を使ってしまうケースもあります。

いずれにし ても、美人と付き合うにはお金が掛かる可能性が高いです。
金持ちの男性ならともかく、そうでない男性からしたら大きな負担ですし、デメリットと言えるでしょう。

周りからの嫉妬がうるさい

恋活・婚活

「周りからの嫉妬がうるさい」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。

美人の彼女ができ、それを周りに知られると「羨ましい…」と嫉妬される可能性があります。

嫉妬されるくらいなら、優越感を感じていい気分になれるかもしれませんが、行き過ぎると気分が悪いですよね。

「あんな美人、お前にはもったいないよ」
「俺に寄越せよ(笑)」
「どうせ、金の力だろ?」
「どんな弱みを握ってるんだよ?」

友達や知人など、周りの人から、こんな心ない言葉を投げかけられるかもしれません。

自分だけならまだしも、これが彼女の耳に届いたら、彼女までショックを受けてしまいます。
美人と付き合っていることが周りに知られると、嫉妬される可能性が高く、それが行き過ぎるとデメリットと言えるくらいにまでなる恐れがあるということです。

美人の彼女ができたら、周りに自慢したくなる気持ちは分かりますが、こういったデメリットもあるので、知らせる相手は慎重に判断した方が良さそうですね。

自己肯定感がなくなる(自分を卑下してしまう)

恋活・婚活

「自己肯定感がなくなる」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。

美人の彼女ができたら、「自己肯定感が高まる」というケールはよくありますが、逆に自己肯定感がなくなる男性もいるかと思います。
「こんな美人は、自分に見合うはずがない…」と、付き合ってもなお自分を卑下してしまうんですね。

ルックスをはじめ自分のスペックに自信がなく、ネガティブ思考な男性ほど、このデメリットを感じてしまうと思います。
せっかく美人の彼女ができたのに、常に「俺には合わない女性だ…」「いつか捨てられるんじゃ…」「別の男に撮られるのでは…」と、カップル格差やネガティブに物事を考えてしまうんですね。

「その格差を埋めるために、努力しよう!」「彼女に見合う男になろう!」と、ポジティブに考えられれば、一転してメリットにもなり得るのですが、人によってはネガティブ思考のままになってしまうこともあります。

ネガティブ思考だと、何事もすべてマイナスの考えを持ってしまうため、人生楽しくありませんし、彼女にも呆れられてしまい、良いことがありません。
美人の彼女ができると、不安や苦労も増えるでしょうから、それが原因で精神が疲れてしまうでしょう。

メンタルが強くない男性には、特に当てはまるデメリットと言えるかもしれませんね。

目が肥える

恋活・婚活

「目が肥える」も、美人の彼女がいることのデメリットと言えます。

一度、美人の彼女と付き合うと、目が肥えるというのは誰にでも十分に考えられます。
美人の彼女ができ、ずっと美人が傍にいることで目が肥えてしまい、その後、顔面レベルが下がった女性に惹かれなくなってしまうんですね。
「あんな美人より良い女なんていない…!」ということです。

決して、美人や可愛い子だけしか好きにならないわけじゃなかった男性でも、この現象は十分に起こり得ます。

もしそうなっても、「まあ、次もまた美人の彼女を作ればいいか!」とポジティブに考えられればいいのですが、現実的に彼女づくりのハードルは高くなってしまうでしょう。

最終的には、「彼女がなかなかできない」「婚期が遅れる」といった問題にもつながる可能性があります。
美人な彼女とずっと交際が続けば何の問題もありませんが、別れてしまったとき、このデメリットに悩まされるかもしれませんね。

ちなみに、私自身も、元々は大して面食いでは無かったのですが、一度美人の彼女ができてからは、その子と別れてからも美人にしか興味が沸かなくなってしまいました。。
遊びで、さほど美人じゃない女性と寝たこともあったのですが、まったくと言っていいほど心ときめかず…

一度、美人の魅力を経験すると、女性を見る目を元に戻すのは難しいですね。
一度、生活ステージを高くすると、なかなか元に戻すのが難しいのと同じことかと思います。

管理人がデメリットを感じた体験談

恋活・婚活

こちらでは、美人の彼女がいたときのデメリットを、私が実感したことをお話ししたいと思います。

実体験によるものなので、信ぴょう性は高いですよ(笑)

付き合っているときのデメリット

恋活・婚活

私が、美人の彼女と付き合っているときの一番のデメリットは、ズバリ

「浮気や振られることへの不安、気疲れ」

ですね。

私がある時期に交際していた美人の彼女「A子」は、フットワークが軽く、アクティブで人付き合いの良い女性だったので、私がいないときでも色々な友達と会って遊んでいました。
また、フリーランスの仕事だったので、仕事でも色々な方に会っていましたし、仕事の付き合いも良かったので、飲み会やイベントにも積極的に参加していました。
当然、その中には男性も含まれるわけです…

彼女は、フレンドリーな性格だったので、男性ともすぐに仲良くなり、男性から好かれることもしばしば。。
「今日、こんな男性に口説かれそうになったよ~(笑)」などと笑い話をしてくるのですが、私は笑えるどころじゃありません。。
いつ、「浮気するんじゃ…」とか、「俺より良い男と出会って、振られるんじゃ…」とか思っていました。。

彼女のそんな日ごろの言動に、気が気じゃありませんし、できることなら友達も仕事関係でも男性とは会ってほしくないと思っていました。
ただ、私も、彼女にそんなことを言ったり、束縛してしまうと、彼女の性格上、逆効果なのは分かっていたので、グッと我慢するしかなかったですね。
「そうなんだー、あはは」と笑っているフリをして、懐の広い男のフリはしていましたが、内心はハラハラしていました。

「俺以外の男と会うなよ!」
「俺がいないときに出かけるときは、どこにいるか逐一報告しろ!」
そんなことをもし言えたらどんなにラクだったか…
いや、言ったところで従うはずがないので、意味がないことなのですが。。

とても、「どんな男に言い寄られても、俺の方がいい男だし、浮気なんてするはずがない…!」なんて、イケメンのように自信満々な気持ちには微塵もなれませんでしたね。

彼女のことが大好きでしたし、彼女と関係が悪かったわけでは無いのですが、そういう日常的な不安があったせいで、彼氏の自分だけが気疲れでどんどん疲弊していった…というのが、私の中で「美人の彼女と付き合っているとき」の一番のデメリットです。

別れたときのデメリット

恋活・婚活

付き合っているときにも、美人の彼女は色々と気苦労の多いのですが、個人的にもっともデメリットと感じるのは「別れたとき」です。

何かと言うと、「別れたときの喪失感・ショックの大きさ」です。
個人的には、このデメリットが、美人の彼女のデメリットの中でずば抜けて大きいと感じています。

美人の彼女がいると、当然、その子のことが大好きになります。
こんなに良い女、他にはいない!と思うかもしれません。
絶対に手放したくないと思いますし、そのために努力もするでしょう。

しかし、どんなにそう思っていても、いつなんどき、どんな理由で別れるかは分かりません。

お互いに険悪になってから別れたのなら、まだショックはマシかもしれませんが、私の場合は「彼女のことが大好きだった中で振られる」という、絶望的な状況でした。
別れを切り出されたときは、心臓の鼓動が一気に高まって、眠気が一瞬で覚めた(夜遅めだった)のを数年経った今でもよく覚えています。

そして、その夜は一睡もできず、その日から食事はまともに喉を通らず、ワンワン泣いて、体重が激減し、仕事も手に付きませんでした。
それまで楽しく見ていたテレビもまったく見る気が起きず、趣味もまったくする気がなくなり、廃人のようになったんです。
俗に言う『失恋うつ』というやつですね。

それからは、

彼女を失った悲しみ・絶望を噛みしめながら、「なぜ振られてしまったのか」「もっと、こうすれば良かったのではないか!」と、毎日、後悔ばかりしていました。

正直、それまでの私は「失恋でうつなんて…(苦笑)」と、少しバカにしていたところがありました。
しかし、自分がそういう立場に立たされて、

失恋うつの恐ろしさを実感

しましたね。

なお、

私が美人の彼女に降られた後、数カ月の間は、食欲・睡眠欲・性欲の3大欲求が著しく低下し、うつの治療に充てる時間に費やしました。
結果的に、健康状態が良くなり、ほぼ完治した!と言えるようになるまで、一年半ほどは掛かりました。
ただ、今でも完治はしていません。未だに思い出してしまいますからね。

ちなみに、

その一年半の間に、別の女性を好きになることができたので、そのおかげで一気に回復が早まったので、もしその女性と出会えなければ、2年以上失恋うつが続いていたかもしれません。

そう考えると、ぞっとしますね。

以上、私が考える、美人の彼女の最大のデメリットは「失ったときの喪失感やショックが、健康状態に異常をきたすレベルで大きい」でした。

もちろん、ブス&普通レベルの彼女でも、別れたときに似たような症状が出る可能性はあります。
あくまで、

美人の彼女の場合、その症状が尋常じゃないレベルで大きく・酷い、ということですね。

まとめ

恋活・婚活

以上、今回の話をまとめると次のとおりです。

【美人の彼女のデメリット】は、

・別れたときの喪失感
・気疲れしてしまう
・浮気の心配が絶えない
・お金の消費が激しくなる
・周りからの嫉妬がうるさい
・自己肯定感がなくなる(自分を卑下してしまう)
・目が肥える

このように、美人と付き合うことで生まれるデメリットには色々なものがあります。
中でも特にデメリットなのが、「別れた時の喪失感」でしょう。

美人は、彼女として付き合っているときに得られるメリットが大きい分、失ったときのショックも大きいです。
別れると、彼女のことをいつまでも引きずってしまい、次の恋に目を向けられなくなる可能性が高いです。

また、酷いケースだと、失恋うつのようになってしまい、仕事や趣味にまったく手が付かなくなったり、生活すら困難になってしまうこともあります。
最悪の場合だと、失恋のショックが原因で、自分で死を選んでしまう人もいるほど。

別れた時のダメージがとにかく大きいのが、美人の彼女ができることの最大のデメリットと言えるでしょう。

もちろん、「じゃあ、別れないよう&振られないように努力しよう!」とポジティブに考えて、それが実現できればいいのですが、なかなかそう簡単にはいきません。
別れなければ別れないで、「浮気や振られる恐怖による気疲れ」もしてしまいますからね。

このように、色々なデメリットをお話しすると、「じゃあ、美人の彼女なんて作らない方がいいのでは?」と思うかもしれません。
しかし、このデメリットを頭に入れてもなお、美人の彼女は作る価値があると考えています。

それは、デメリット以上に、数多くのメリットが、美人の彼女を作る事で得られるからですね。
一長一短ある美人の彼女ですが、デメリットを頭に入れつつも、可能な限り、追い求めていきたい存在だと感じています。

以上で、「美人の彼女を作るデメリットとは?口コミ・実体験から徹底解説」は終わりになります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

なお、美人の彼女を作るメリットについては、こちらでご紹介しています。
美人の彼女を作るメリットとは?口コミ・実体験から徹底解説します

よければ、こちらも見てみてくださいね。

The following two tabs change content below.
タクヤ

タクヤ

年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

Copyright© 男の恋愛ラボ , 2019 All Rights Reserved.