男性の恋愛・結婚をサポートする情報を提供するメディア

30代男性必見!20代女性とデートするおすすめプラン【アウトドア編】

タクヤ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

タクヤです。

こちらでは、

「30代男性必見!20代女性とデートするおすすめプラン【アウトドア編】」についてご紹介

しています。

アウトドアデートは、お互いの距離をグッと近づけることができ、恋人同士はもちろん、付き合う前の男女にはおすすめのデートです。

アウトドアデートは、アウトドア好きな女性はもちろん、普段はインドアだけど外に連れ出してほしいインドア派の女性にもウケが良いのが特徴です。

アウトドアデートには色々な種類がありますが、

今回は「30代男性が20代女性とするのにおすすめのアウトドアデートプラン」をいくつかご紹介

します。

20代の女性とアウトドアデートをしたいと思っているアラサー男性は、ぜひ参考にしてくださいね。

30代男性が20代女性とデートをするおすすめプラン【アウトドア編】

婚活アプリ・サイト

こちらでは、アウトドアでおすすめのデートプランをご紹介します。

アウトドアや体を動かすことが好きな女性とデートをするときは、参考にしてください。

登山・トレッキング

①最近、流行りのアウトドア

「登山・トレッキング」は、最近、女性でも趣味にしている人が増えている今話題のアウトドアスポーツです。

登る山の難易度によっても異なりますが、難易度の高くない山なら、軽装備でも登れますし、運動になるため健康にもよく、素晴らしい景色を見られるためデートにもおすすめです。

インドア派には向きませんが、アウトドア好きな男女にはおすすめのデート法です。

誘うタイミングとしては、

3回目以降のデートでおすすめ

です。

1~2回目は、顔合わせや食事くらいにしておき、ラポールを形成することに注力。

ある程度の関係性ができたら、会話の中で『今度、登山orトレッキングでも行きませんか?』と切り出しましょう。

顔合わせのときに、「次のデートで登山しませんか?」はさすがに重いので、、

最低でも、2回はデートをしてから誘うようにしてください。

②まずは簡単な山から

いきなり険しい山を登るのは、色んな意味でハードルが高いので、まずは「高尾山」程度の、素人でも登りやすい山にしておきましょう。

トレッキングは、登山ほど大変ではありませんが、まだ出会ったばかりの女性と行くなら、

できるだけ近場で、難易度の低いコースを選ぶようにしてください。

③女性が興味を持っていることが必須

恋活・婚活

なお、注意点としては、『女性が登山orトレッキング』が『好きor興味がある』ことを必ず確認しておいてください。

大して興味も無いのに、出会ったばかりの男性に登山やトレッキングに誘われても困りますからね笑

トレッキング程度ならまだしも、登山は、準備も含めてかなり大変なアウトドアです。
『本当に相手が興味がある』ことをしっかりと把握した状態で誘うようにしましょう。

④男性が得意であること!

あと、極力『自分が得意&経験がある』状態であることが大切です。

こういった、体力のいる&それなりに危険の伴う遊びをするとき、女性は男性を頼ります。

そんなとき、男の方が「経験がない…」「体力がない…」だと話になりません。

せっかくのデートで、

男が「ぜーぜーと疲れ果てている…」「要領が分からなくてまごついている…」そんな状態を見せては、ドン引きされるでしょう。

ラポールを形成するのが目的のデートで、ラポールを壊しては意味がありません。

自分が得意でなければ、出会って間もない頃に誘うのは止めておきましょう。

付き合ってから、「今度、二人でこういうの挑戦してみない?」という感じで誘うのがベターです。

⑤天候や季節も大事

婚活アプリ・サイト

なお、当たり前ですが、天候や季節などはしっかりと頭に入れてくださいね。

悪天候や真夏・真冬の登山、トレッキングは、女性のモチベーションはもちろん、安全面においてNGです。

海・マリンスポーツ

①夏におすすめ

「海・マリンスポーツ」も、アウトドア好きな女性とのデートにはおすすめです。

なお「海」と言いましたが、川遊びでも構いません。
「水着を着て、水に入るような遊び全般」と考えていただければと思います。

マリンスポーツはアクティブな女性向きですが、海へ行く程度なら、インドア寄りの女性でも誘えます。
海に入らなくても、波打ち際を歩くだけでもデートとしては楽しめますからね。

②肌の露出があるぶん難易度は高め

婚活アプリ・サイト

マリンスポーツの場合は、サーフボード、サーフィン、ダイビング、シュノーケリングなど幅広いですが、いずれにしても、水着を着用して、海の中に入る必要があるため、ややハードルは高いです。 女性が肌を露出する(水着)可能性が高く、ラポールを形成できていない男相手に、自分の肌を見せたくはないと思うからですね。

水着を周りに見せずに済むマリンスポーツ(サーフボード、ラフティングなど)もあるので、そういったものなら構いませんが、シュノーケリングなど水着を見せるものは要注意です。

1~2回目のデートで誘うには少し早いので、最低でも2回は会ってから、できれば3回目以降、女性が「海やマリンスポーツが好き」と分かってから、またラポールを形成できている状態で誘うようにしましょう。

登山などと比べても難易度は高めです。

地域によって異なりますが、季節としては夏~秋口がベター

です。(海に入らないのであれば、季節は問いません)
誘うときの考え方としては、登山・トレッキングと同じでOKです。

②管理人の体験談

私は、以前お付き合いしていた20代の女性とは、4回目のデートで「ラフティング・キャニオニング」という川遊びをしました。

1回目のデートは、顔合わせでお茶のみ、
2回目のデートは、相手の家の近くでお食事、
3回目のデートは、水族館、このときに川遊びに誘う
4回目のデートで、川遊び(ラフティング・キャニオニング)

という流れです。

この女性とは、4回目のデート終わりに告白をし、付き合いました。

このときは、たまたま川遊びになりましたが、相手や自分の環境に応じて、海遊びにするなど、選ぶのは何でも構いません。

アウトドアの遊びは、誘うハードルは少し高いですが、お互いの心の距離をグッと近づけることができるので、ぜひ取り入れてみてください。

スキー・スノボ

①冬におすすめ

「スキー・スノボ」も、アウトドア好きな女性とのデートにはおすすめです。

季節柄、冬季に限られまずが、ウィンタースポーツ好きの女性は多いので、誘ってみるのはアリです。

②それなりに経験があること!

恋活・婚活

もちろん、自分が女性をリードできるレベルであることと、女性が興味を持っていることが条件です。

自分が滑れないのにスキー・スノボデートをしても、恥をかくだけですからね。

スキー・スノボは、登山やマリンスポーツ以上に【自分のスキル・経験】が出やすいものなので、気を付けましょう。

付き合ってからであれば、「一緒に上手くなる」というスタンスで誘うのもアリですが、付き合う前のまだ関係性が深くない状態では、「自分が得意ではないデート」は避けるのが無難です。

③誘うまでのハードルはやや高め

婚活アプリ・サイト

誘うまでのタイミングは、マリンスポーツと同様、早くても3~4回目のデートがいいでしょう。

1~2回目で誘うには少し早い

です。

何度か会い、食事をし、お互いのラポールがそれなりに形成できてから誘うようにしましょう。

考え方は、登山・トレッキング、マリンスポーツと同じで構いません。

水着を見せなくて済むぶん、マリンスポーツよりかは誘いやすいと言えます。

④ドライブも一緒にすると効果的

婚活アプリ・サイト

なお、アウトドアデートに誘うときは、道中の移動にドライブも含めると、効果的にラポールを形成できます。

先ほども言ったように、ドライブは、密室空間で二人っきりなので、周りの目を気にせず自分たちの世界でトークを楽しめますし、グッとお互いの距離を縮められます。

運転免許証を持っていなければ仕方がありませんが、持っているなら、ぜひドライブはデートに利用することを意識してください。

マイカーを持っていなくても、レンタカーやカーシェアリングで構いませんので、積極的に利用しましょう。

付き合う前なら、遠からず近からず、1~2時間の移動で到着できるくらいの距離を日帰りで、
付き合った後なら、少し遠くで泊まりアリでもOK、 このような感じで計画するのがおすすめです。

花火

①誘いやすいアウトドアデート

「花火」も、アウトドアデートにはおすすめのプランです。

花火はアウトドアデートの中でも比較的やりやすいです。
花火大会の会場へ行けばいいだけですからね。

特に何かしなくても、その場で花火を見るだけで十分に楽しめます。
そのため、

インドア派の女性にとっても、敷居が低く、参加しやすいイベントになります。

大きな花火大会になると人が多いですから、会場へ行くだけでも一苦労かもしれません、、
ですが、浴衣などを着れば雰囲気も良くなりますし、盛り上がりますよ。

②いい雰囲気を作りやすい

婚活アプリ・サイト

住んでいる地域にもよりますが、あまり遠方への移動をしなくても実施できるので、

あまり親密な関係を築けていなくても誘えるアウトドアデート

です。

個人的には、2~3回程度会ったことがあり、それなりにラポールを形成できていれば、誘っても断られる可能性は低いです。
初心者向けのアウトドアデートとして、夏場、花火大会がある時期は積極的に誘ってみましょう。

ちなみに、私が、交際前の気になる女性と花火大会に行ったときは、極力人混みから離れた場所を陣取り、少しでも二人っきりになれる場所で鑑賞しました。

どこで開催されるかにもよりますが、

場所によっては、ビルや商業施設、マンションの屋上、車の中からでも綺麗に観られることがあるので、そういった場所は事前にリサーチしたいところ

です。

人混みの喧騒の中での鑑賞も悪くはありませんが、できれば静かなところで二人っきりで見た方が、お互いの距離は近づけられます

からね。

それに、会話をしなくても、手をつないだり、タイミングを見計らってキスもしやすいので、おすすめですよ。

キャンプ

①キャンプデートはハードルやや高め

「キャンプ」はアウトドアのだいご味とも言えるイベントですが、

デートにするにはややハードルが高い

です。

というのも、「テント」で「宿泊する」という2つの敷居があるためです。
まだ付き合ってもいない女性に、「一緒に泊まろう」しかも「テントの中で」と言って誘うのは、なかなか難しいですよね。

そのため、

それなりにデートを重ねて、お互いの信頼関係がしっかりと出来上がっている関係性でなければ、おすすめはできません。

それか、付き合っている恋人同士なら気にする必要はないので、付き合ってから企画するのがいいでしょう。

②キャンプ好きの女性にすること

恋活・婚活

あとは、『女性がキャンプ好き』であることは必須条件です。

屋外、シャワーがない、虫がいる、衛生面が微妙、セキュリティが不安
キャンプには、女性が不安に感じる要素がたくさんあります。

これらを踏まえてもキャンプデートに応じてくれる女性は、よほどのキャンプ好き・アウトドア好きでしょう。

インドア派やキャンプに不慣れな女性には難しいデートです。
そのため、キャンプデートを誘うときは、必ず事前に女性がキャンプ好きであることを確認してからにしてください。

ふつうに誘っても、興味が無ければ断られるだけですが、事前に確認できることはしておくのがベターです。

釣り

①意外とおすすめな釣りデート

「釣り」もアウトドアデートとしてはおすすめできます。

釣りと言えば、ひと昔前までは男性の趣味という印象が強かったですが、

最近では『釣り女子』『釣りガール』などという言葉ができるほど、女性人気も高まっています。

釣りは、川や海に行きさえすれば、比較的手間を掛けずにできる遊びなので、キャンプや登山ほど敷居も高くはありません。
道具も、

買いそろえなくともレンタルで済ませられますし、やりやすいデートと言えるでしょう。

デートに誘う回数としては、2~3回は会った後で誘うのが無難です。

少なくとも、女性が釣りに興味があることはもちろん、「自分が魚を触れる」「釣った魚を調理できる」ことも大事です。
女性も自分も釣った魚に触れないと意味がありませんからね。

②魚の調理スキルが必要

なお、バス釣りのようなスポーツフィッシングでなければ、釣った魚は基本的に調理しなければならないので、魚をさばくスキルも重要です。

渓流釣りのように、釣ってすぐに焼き魚にして食べられる場所や、釣った魚を調理してくれる魚屋が近くにあれば構いませんが、そうでなければ調理スキルが必須であることは頭に入れておきましょう。

ちなみに、私は魚をさばくことはできませんが、釣りは好きで、付き合う前の女性とデートをしたこともあります。
そのときの女性は、魚はもちろん、エサのイソメ(ミミズ)も触れられなかったので、私が代わりに付けてあげました。

あとは、釣り方や、魚の取り外しなどなど、釣りをする人にとっては基礎的なことでも、女性が素人なら教えてあげられるので、それなりに尊敬はされます。

③潔癖症には向かないデート

難点としては、手や体が生臭くなってしまうことです。
海釣りなら潮風に当たりますし、エサの臭い、魚の臭いや汚れがどうしても付きますからね。

臭いや汚れることに敏感な方には向かないです。

その辺りも踏まえて、女性を誘ったり、デートプランを立てるようにしてみてください。

なお、30代男性が20代女性とする、おすすめのデートプランは、次のページでも詳しくご紹介しています。

30代男性必見!20代女性とデートするプラン【管理人おすすめ】

興味があれば、こちらもぜひ見てみてください。

30代男性が20代女性とデートをするおすすめプラン【まとめ】

今回、ご紹介したおすすめデートをまとめると次のとおりです。

アウトドアデート

1.登山・トレッキング
2.海・マリンスポーツ
3.スキー・スノボ
4.花火
5.キャンプ
6.釣り

アウトドアデートは、

季節や天候の影響は考える必要がありますが、女性との距離をグッと近づけられるおすすめのデートプラン

です。

インドア寄りの女性でも、「外に連れ出してほしい」と思っているタイプは少なくないので、積極的に誘ってみましょう。

なお、1~2回目のデートで誘うのは少しハードルが高いので、1~2回はお茶や軽い食事で済まして、ラポールがある程度形成できてから、大体3~4回目に誘うのがおすすめです。

注意点としては、自分がそれなりに経験がないと、女性の前で恥をかく可能性があることです。

全然滑れないのにスノボに誘ったり、泳ぐのが苦手なのにマリンスポーツに誘ったり、体力が全然無いのに登山に誘ったり、魚に触れないのに釣りに誘ったり…etc

情けない恰好を女性に見せると、せっかく築いたラポールが壊れかねないので、少なからず経験があり、女性の前で情けない姿を晒さないレベルにしてから誘うようにしてください。

以上で、「30代男性必見!20代女性とデートするおすすめプラン【アウトドア編】」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

30代男性必見!20代女性とデートするおすすめプラン【インドア編】

 

The following two tabs change content below.
タクヤ

タクヤ

年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

Copyright© 男の恋愛ラボ , 2020 All Rights Reserved.