男性の恋愛・結婚をサポートする情報を提供するメディア

可愛い彼女の作り方・美人と出会う方法【社会人編】成功体験談あり

タクヤ
WRITER
 
恋活・婚活
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

タクヤです。

こちらでは、「可愛い彼女の作り方・美人と出会う方法【社会人編】」についてご紹介しています。

たった一度の人生、男なら「可愛い彼女を作りたい…!」って思いますよね。

でも、どうすれば可愛い彼女を作れるのか…
そもそも、美人と出会うにはどうすればいいのか…

学生時代ならともかく、社会人になるとますます分からないのではないでしょうか。

結論から言うと、美人と出会う・可愛い彼女を作るためには「美人・可愛い女性の多いマッチングアプリ」を使用するのがおすすめです。

今回は、

非リア充アラサー男だったタクヤが彼女を作ろうとして経験したことや、アラフォー目前にして可愛い彼女をゲットした体験談を踏まえて、「社会人でも美女と出会える、可愛い彼女の作り方」を徹底解説

したいと思います。

この記事を読めば、次のことが分かります。

・社会人が美女と出会える場所、出会う方法
・社会人が可愛い彼女を作る方法
・アラサーの非モテ社会人でも、美人と出会い、可愛い彼女を作ることは可能なのか?

社会人はもちろん、非モテ、非リア充のアラサー男性でも、可愛い女の子・美人を彼女にすることは十分に可能なので、ぜひ参考にしてくださいね。

先ほど、可愛い彼女の作り方・美人と出会う方法として「美人の多いマッチングアプリの使用」が一番おすすめだとお伝えしました。

結論から言うとこのとおりなのですが、他にも方法は色々とあるので、順番に一つずつご紹介したいと思います。

すぐに、「美人の多いマッチングアプリ」について知りたい方は、こちらをクリックしてくださいね。

社会人でも可愛い彼女は作れる?

学生と社会人の出会いは違う

恋活・婚活

学生のうちは、「学校の中」「クラブやサークルの中」「バイト先」など、いくらでも出会いのきっかけは作れました。

その中に美人がいたら、可愛い彼女を作ることだって十分に可能です。

しかし、社会人となると、学生の頃とは勝手が変わります。

まず、

職場に女性がいるとは限りません。

それに、いたとしても「若い女性」「美人」がいるかどうかは分からないですよね。

もし女性がいない職場なら、職場恋愛の可能性は無くなってしまいます。

また、社会人は朝から晩まで拘束されてしまうので、職場以外で出会いのきっかけが極端に少なくなってしまうんですね。

自分で意識して、仕事終わりや休みの日に出会いの場に出なければ、それこそ、休みの日はゴロゴロするだけ、仕事の日は家と職場の往復だけの毎日になってしまいます。

このように、

社会人には「時間がない」ことが多い

です。

そこをしっかりと頭に入れたうえで、出会いを探さなければいけません。

その上で、さらに「可愛い彼女を作りたい」のですから、より一層、方法は慎重に決めないといけませんよね。

ただでさえ少ない時間を使って、「可愛い彼女作り」と、さらにハードルの高いところを目指すわけですから。

お金が使えるのは大きな武器

なお、使える時間が少ない社会人ですが、学生と違って大きな武器があります。

それは、「お金が使える」ということです。

よほど、趣味や他の目的でパーッと使わない限り、お給料が毎月もらえる社会人は、学生と比べて経済的に余裕があるはずです。

この「時間は少ないけど、お金は持っている」という状況が、社会人が可愛い彼女を作るための大きな武器になります。

社会人でも、お金を掛けずに美人と出会う方法はありますが、どうしても、お金を掛けない方法は時間が掛かってしまいます。

休みの日は、朝から晩まで出会いのために時間を割ける信念があるなら、それもできるでしょうが、なかなか普通の男性には難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、「お金を使って、女性と出会う方法」を採用することです。

「お金を使って」と言うと、ややいやらしく聞こえてしまうかもしれませんが、お金を使った出会いはどれも真っ当な方法ばかりです。

お金を使う方法が選択肢に入れられることで、一気に可愛い彼女ができる可能性が高まるんですね。

社会人におすすめの出会い

恋活・婚活

一番ポピュラーなのは、「マッチングアプリや出会い系サイトを使う」「街コンや婚活パーティー、出会いツアーに参加する」というものです。

どれも、利用するのにお金が掛かります。

どれも決して高額な費用が掛かるわけではありませんが、学生にとって、ほいほいと支払える金額でもありません。

「社会人なら余裕を持って支払える」くらいの絶妙な料金体制になっているので、社会人という大きな武器を使って、出会いの場に参入できますよ。

なお、お金が掛かる出会いの場には、「社会人しか参加できないもの(街コンや婚活パーティー)」もありますし、当然「可愛い女性・美人が多い出会い」もたくさんあります。

社会人という立場を最大限利用すれば、効率よく可愛い彼女を作ることは十分にできますので、ぜひ、この記事を参考に可愛い彼女作りをチャレンジしてみてください。

美人と出会う・可愛い彼女の作り方【出会いの手段】

恋活・婚活

可愛い彼女を作るためには、まず「可愛い女性」「美人」と出会わなくてはいけません。

出会いが無くては、恋人に発展することはないですからね。

そこで、まずはじめに『可愛い女性・美人と出会う』ための、色々な方法・手段について一つずつご紹介していきます。

知人の紹介

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

まず、

「知人の紹介」

です。

知人は、この際誰でも構いません。

友達でも、職場の同僚でも、親族でも、誰でもOKです。

とにかく、自分の人脈を使って女性を紹介してもらう方法になります。

①メリット

この方法のメリットは、自分の人脈が広ければ広いほど、美人を紹介してもらいやすいことです。

特に、美人の多い職場や仕事関係の知人がいれば、一気に可能性は高まります。

可愛い彼女を作れる可能性もそのぶん高くなるということですね。

また、自分で探さなくても、相手が紹介してくれるわけなので、リサーチの手間が掛からないのもメリットと言えるでしょう。

出会いのために自分が時間を掛ける必要がないのは大きい

です。

あとは、

自分が信頼している友達の紹介なら、その女性の内面も信頼できる、というメリットもあります。

どこの誰かもわからない状態でゼロから始めるよりも、信頼している友達が「この子は良い子だよ」と言って紹介してくれる方が、何倍も安心して付き合えますよね。

②デメリット

デメリットは、逆に人脈が狭ければ、そのぶん美人と出会える確率も下がるということです。

友達が少なかったり、男ばかりの職場だったり、親族が女性との関係に疎ければ、まったく紹介してもらえないことだってあります。

また、知人を介して紹介してもらうと、あまり相手に対して雑な対応ができなくなるというのもデメリットでしょうか。

紹介してくれた知人の顔に泥を塗ることにもなりますからね。その後の人間関係にヒビが入る恐れもあります。

また、自分で相手を選べないというのもデメリットでしょう。

紹介してもらう、ということは、相手に任せるということなので、どんな女性がくるか分かりませんし、自分で女性を選ぶことができません。

美人でない女性を紹介されることもあるでしょう。そして、残念ながら、可能性としてはその方が高いです…

もちろん、

交際するか否かは本人同士で決めるわけですが、出会いの段階で自分の意志が働かないというのはデメリットになります。

そういう意味では、効率よく美人と出会う方法、可愛い彼女の作り方としては、メリットよりもデメリットの方が多く、あまりおすすめはできません。

③まとめ

知人の紹介は、今回のテーマが「可愛い彼女を作る」なので、そこを踏まえると効率的な方法とは言えないでしょう。

「可愛い」「美人」にこだわらなければ良いかもしれませんが、自分で選べない点と必ずしも美人と出会える確率が高くないため、「可愛い彼女を作る」手段としてはおすすめしません。

もちろん、「人脈が広く、紹介してくれる人が大勢いる」とか「芸能界など、美人と接点の多い知人がいる」ような場合は積極的に活かすべきですが、そうでない場合は、美人との出会いは自分自身でしっかりと探し出して、知人の紹介は期待半分くらいの温度感でお願いしておくのがいいですね。

ちなみに、管理人は知人の紹介で「可愛い…!」と感じた女性を紹介されたことは一度もありません。。

同窓会

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

続いて、「同窓会」です。

同窓会は、出会いの場としては比較的ポピュラーです。

私の友達も、中学の同窓会で出会った同級生を彼女にして、今はその子と結婚しています。(本人いわく美人とのこと…)

同窓会は、もちろん小中高大どの学校でも構いません。

美人や可愛い子を狙うなら、美人が多かったクラスを狙いましょう。

①メリット

同窓会のメリットは、相手のことを知っているという安心感があることです。

それに、「自分のクラスにいた可愛い子」という記憶が残っていれば、ピンポイントで、その女性を狙い撃ちすることもできます。

当てもなく美人を探すよりかは、よほど効率は良いと言えるでしょう。

「学生時代、ずっと好きだった可愛いあの子…」が、同窓会でも変わらぬ美しさで、しかもフリーだったら…
これは、声を掛けるしかありませんよね。

②デメリット

同窓会のデメリットは、「そもそも同窓会に誘われない」「同窓会自体が開催されない」という悲しいものです…

どのクラスでも、必ず同窓会が開かれるわけではありませんし、自分が必ず誘われるとも限りません。

もし誘われたとしても、仕事で地元から離れていたら、参加できないこともあるでしょう。

このように、

「同窓会に行けない」という可能性は十分にあります。

また、クラスに美人や可愛い女子がいなければ、参加したところで可愛い彼女を作るきっかけにはなりませんよね。(ふつうの出会いはあるかもしれませんが)

あと、同窓会ということは「みな、同い年」ということです。

もし、あなたがアラサーなら皆アラサー、アラフォーなら皆アラフォーということです。

つまり、

「年下の可愛い彼女作り」を狙いたい方には無理な方法ということですね。

「可愛ければ、同い年でもいい!」「俺はまだ20代だから、全然平気!」という方なら構いませんが、同窓会を開くタイミングによっては、女性が美人でも年を取っていることも十分に考えられます。

あとは、同窓会で堂々とクラスメイトの前で、クラスの可愛い女性に声を掛ける勇気、何かあった時それがクラス中に広まる可能性は頭に入れておかなくてはいけません。

そういう可能性を考えても、

堂々と声を掛けられるコミュ力・勇気の持ち主が、可愛い彼女を作ることができる方法となっています。

③まとめ

同窓会は、クラスに最低でも1~2人、多ければ3~5人くらいは可愛い女子がいると考えると、美人との出会いの手段としては効率的と言えるでしょう。

同じ学年で同じクラスという共通点もあり、話も弾みやすいですし、関係性を深めやすい点もおすすめできます。

アラサーやアラフォーの男性が狙う場合は、相手女性も必然と同い年になってしまうので、年下の若い彼女を作ることはできませんが。。

20代~30代前半の、比較的若い年齢のうちに積極的に参加して、声を掛けるのがいいでしょう。

なお、管理人は同窓会で可愛い彼女を作ったことはありませんが、私の友達は、高校時代の同窓会で、昔から気になっていた可愛い女性に声を掛けて、その後結婚までしています。

出会いの場としては比較的ポピュラーな同窓会ですが、可愛い彼女を作る目的でも、意外とおすすめですよ。

成人式

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「成人式」は、出会いの場としては同窓会と似たようなものになります。

学生時代の顔なじみと久しぶりに会う、という点では同じですね。

①メリット

同窓会と違うのは、同じエリアの学校に通っていた場合、小中高の女性と会える可能性があるというところです。

同窓会と比べて、より美人・可愛い子と会える可能性は高まります。

もし、各学生時代に可愛い子がいたなら、一度でそれらの色々な美人と会える可能性があるのはメリットと言えます。

また、同窓会と同じく、すでに面識があり、仲がいい相手にアプローチができるのは「声を掛けやすい」「信頼関係を築きやすい」という意味でもメリットと言えるでしょう。

なお、

成人式で直接口説くのはなかなか難しいので、基本的には成人式終わりの飲み会・懇親会などでアプローチをする流れになります。

あとは、参加している女性は皆20歳と若いため、「若くて可愛い彼女を作る」という意味でもおすすめです。

②デメリット

デメリットは、人生で機会がたった一度しかない点です。

また、同窓会と違って、行われる時期も決まっているので、このタイミングを逃すと、次のチャンスは訪れません。

すでに成人式が行われている年齢なら、もうチャンスはありませんからね。

また、成人式がこれからだとしても、大学や仕事で他のエリアに引っ越していたりすると、参加するのはなかなか難しいかもしれません。

誰でも人生で一度は必ずあるものですが、

確実に参加できるものではないのがデメリットとなっています。

③まとめ

人生で一度きりのイベントだけに、大いに活用したいところですが、タイミングの問題を考えると、参加自体が難しい人もいるかもしれませんね。

気軽に参加できるものではないかもしれませんが、メリットでもお話ししたように、大勢の美人と会えるチャンスがあるので、参加するチャンスがあるなら積極的に活用しましょう。

なお、私自身、成人式には参加しましたが、僕も周りの友達も成人式がきっかけで可愛い彼女ができた男はいませんでした。

結婚式・披露宴

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「結婚式・披露宴」は、女性と出会う場としては一般的なイベントです。

披露宴の真っ最中に、堂々と口説くのは難しいかもしれませんが、美人や可愛い女性がいた場合、軽く挨拶をしてこっそり連絡先を渡すチャンスは十分にあります。

また、結婚式のあとは二次会のパーティーをすることが多いので、その場なら堂々と声も掛けられます。

自分で時期を決めることはできませんが、友達や兄弟、職場の同僚が多いほど、開催される回数も増えますし、知人の結婚式が行われるたびに参加できるチャンスがあるのも大きいです。

新婦側の来賓が多ければ、

それだけ女性と出会えるチャンスも増えることになります。

①女性と接点を持ちやすい

どんな相手が来るか分からないのはデメリットといえるかもしれませんが、出会いの場としてのイメージもあるため、女性に声を掛けやすいというメリットはあります。

未婚の女性は、知人の結婚式に参加して、自分も結婚したくなる人は多いですからね。

そんなフリーの女性がもし美人や可愛い子だった場合、声を掛けない手はありません。

また、その場で声を掛けられなかったとしても、新郎新婦を通じて、後で紹介してもらうことも可能です。

気になった女性の顔や名前を覚えておけば、あとから連絡を取る手段があることも大きなメリットと言えるでしょう。

②管理人の総評

ちなみに、私はこれまでに親族・友達・職場の同僚など何度か結婚式・披露宴、その後の二次回まで参加したことはありますが、そこがきっかけで可愛い彼女ができた経験はありません。

ただ、私の友達は、

結婚式の二次会で気が合った女性と遊ぶようになり、交際に発展したので、女性との出会いとしては期待できそうです。

合コン

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「合コン」は、女性との出会いの場としてはもっともポピュラーかもしれません。

①メリット

また、お互いに男女交際を期待して参加するので、堂々と口説ける場であることも大きいです。

可愛い女性を集められる器量の持ち主が周りにいれば、美人と会える可能性も高まります。

「アフターファイブの仕事終わりに、お酒を飲みながら、短い時間で気軽に出会える」ということを考えると、社会人の出会いの場としては効率的です。

街コンや婚活パーティー、結婚式などのように、お金がかからないのもメリットと言えるでしょう。

合コンのお店の飲食代だけ支払えばいいだけですからね。(女性のぶんを少し多めに払う必要はあるかもしれませんが)

②デメリット

デメリットとしては、何対何の合コンをするかによっても異なりますが、可愛い女性がいた場合、男全員で獲り合いになる可能性が高いことです。

男性同士で譲り合いができる状況だったり、女性がみな美人なら、平和的に狙えるかもしれませんが、1人が美人で残りがブス…のような状況だと、まず独占するのは難しいでしょう。

モデルやアイドル、美人の多い職場などとつながりのある幹事がいれば不安はないですが、そうでなければ、可愛い彼女を作る方法としては効率的ではないとも言えますね。

私も合コンをしたことは何度かありますが、

本格的な交際に発展した女性は一人もいませんでした。

何度かデートをして、体の関係になった女性はいますが、「可愛い彼女」と「長期交際」をすることは残念ながらなかったです。

出会いの場としてはライト(軽い)なだけに、よほどフィーリングが合わない限り、交際内容もライトな関係になってしまいがちな点はデメリットと言えるかもしれませんね。

街コン

恋活・婚活
美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「街コン」は、気軽に女性と出会えるイベントとして、最近ではメジャーになったイベントです。

合コンのように、「男女の出会いの場」として開催されるので、女性に自然とアプローチができるのも魅力です。

①一度に多くの女性と出会える

また、合コンのように数名の女性と過ごすのではなく、数十名~多ければ100名以上もの女性の中から好きな女性にアプローチができるのも大きな魅力です。

それだけ美人と出会える確率が高くなり、

可愛い彼女を作る可能性が増える、ということですからね。

②同じ趣味を持つ女性との「趣味コン」もおすすめ

また、「趣味コン」や「オタクコン」のように、特定の属性に合わせた街コンにすれば、同じ趣味や共通点を持つ女性がはじめから参加しているので、話を弾ませやすいというメリットもあります。

最近だと、釣りやカメラ、BBQ、スポーツ観戦など、かなりアクティブなものも開催されているので、自分の得意&好きな街コンに参加できるのも魅力です。

可愛い子と出会える、という魅力もありますが、それ以上に『共通の趣味を持つ、仲良くなりやすい女性』と出会えるのは大きなメリットです。

「20代限定街コン」「30代限定街コン」「男30代、女20代街コン」のように、年齢で細かく分けられているのも、好みの女性と出会いやすい点と言えます。

「公務員限定コン」や「高身長男性コン」など、参加者の仕事やステータスで絞り込みができるものもあり面白いですよ。

③好きなときに参加できる

あとは、都心部なら、平日土日関係なく、毎日のように何かしらの街コンが開催されていて、いつでも好きなときに気軽に参加できるのもメリットと言えるでしょう。(逆に、田舎ではあまり開催されていないのでデメリットと言えるかもしれません)

④デメリットは少なくない…

デメリットとしては、不特定多数の男女が参加しているため、可愛い女性、気になった女性がいても、なかなか自分を覚えてもらいにくい点が挙げられます。

その場で会話ができて、LINEを交換できたとしても、後から再開できる可能性は高くありません。

女性からしたら「その場のノリでLINE交換したけど、別にまた会いたいと思わないな~」と感じてしまうわけですね。

最悪の場合、

「LINE交換したけど、この人だれだっけ…??」と、忘れられてしまう可能性もあります。

(←このケースは意外と多い)

こうならないためには、可愛い女性や美人がいたら、何とか自分を覚えてもらうために、精一杯トークやアプローチを頑張ることはもちろん、顔写真やイラスト入りの名刺を渡すなど、「その他大勢の男」の仲間入りをしない努力は必要でしょう。

合コン以上に、大勢の女性と出会え、可愛い女性と出会えるチャンスがある街コンですが、「記憶に残らない男…」になってしまう可能性も高いので、そうならないための施策はとても重要です。

⑤管理人の総評

私は、街コンに参加したことは何度かありますが、本格的に交際にいたった彼女は一人もいません。。

LINE交換した女性は何人もいますし、その中で2回目のデートに発展できた女性もいましたが、彼女として交際するのはなかなか難しかったですね。

ただ、私の友達には可愛い彼女ができた男(ルックス&トーク力そこそこ)もいるので、可能性が無いわけではありません。

多くの女性と出会えるチャンスがあるのは間違いありませんし、トーク力やルックスに自信があれば、ワンナイトラブも含めて女性とお付き合いする場としてはおすすめです。

出会いツアー・婚活旅行

恋活・婚活
美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「出会いツアー・婚活旅行」は、可愛い彼女を作るには個人的におすすめの方法になります。

イメージするとしたら、「街コンの旅行版」という感じですね。

開催企業によっては、

「お見合いツアー」「婚活ツアー」

など色々な呼び方があります。

街コンほど開催頻度は高くありませんが、都心部なら週に1回は必ず何かしらのツアーが開催されています。

①一緒に旅行をすることで距離が縮まる

男女合わせて20~30名くらいの規模で、電車やバスを使って目的地まで向かい、日帰りで旅行を楽しむ、というもので、その道中、気になる女性と行動することでアプローチをすることができます。

参加者は男女ともにさまざまで、

一般企業で会社員をしている人はもちろん、看護師、エステティシャン、フリーランス、大学生もいます。

ツアーも、街コンと同様に

「20代限定」「30代限定」「20代女性と30代男性」

など、年齢別で選ぶこともできるので、好みの女性がいるツアーに参加できるのが魅力です。

女性の年齢が20代のツアーに参加すれば、若くて可愛い女性と出会える可能性も高くなります。

私がよく参加していたのは「出会いバスツアー」というもので、観光バスに乗り、日帰りで観光地まで向かい、観光をしつつ、女性との出会いも楽しめる、というものです。

バス内では、女性が窓際に座って男性は廊下側に座り、定期的に男性が席替えをすることで、道中、いろいろな女性と会話ができるシステムになっています。

また、目的地に着いてからも、グループでデートをしたり、自由に好きな女性とデートをしたり、いろいろなパターンでいろいろな女性と会話ができるのでアプローチもしやすいです。

丸一日かけて観光デートを楽しんだら、帰りのバスの中で「気になる異性への投票」を、ベスト3くらいまで記載して投票をします。

その後、

結果発表で、投票した女性とマッチングできたら、晴れてカップル成立。
解散後、堂々と個別デートに誘ったり、連絡先の交換ができる、というものです。

②美人も少なからずいる

一度の出会いバスツアーに参加する女性の人数は、10~15名ほど。

面食いの私から見ても、「あ、可愛いな」「美人だな」と感じる女性が、毎回少なくとも2~3名はいる印象です。

当然、その2~3人の倍率は高くなりますが、バス内では1対1で会話する機会もあるので、じっくりとアプローチすることができるのも魅力です。

私が今までに参加したバスツアーは5回ありますが、そのうち3回はカップリングが成立しました。(3名とも美人と言えるレベルで、うち2名は個人的に一番意中の女性と成立)

その3名の女性とは、LINEを交換し、後日デートも行っています。

最終的に、2名とはご縁が無くなってしまいましたが、1名とは体の関係にまで発展して、彼女にすることもできたので、「5回参加して、3名とマッチングして、可愛い彼女を一人作ることができた」と考えたら、【美人と出会う方法・可愛い彼女の作り方】としてはかなり効率がいいと思っています。

③連絡先をゲットできるのは一人だけ

デメリットとしては、

ツアー中、勝手な連絡先交換ができないことでしょうか。

あくまで、最終的にマッチングした女性1名としか連絡先の交換はできないので、街コンのように、一度の参加で複数名の女性のLINEをゲットする、ということはできません。

まあ、マッチングさえすれば、一人の美人の連絡先を確実にゲットできるわけなので、あまり気にしたことはありませんが…

あとは、

もし、ツアー開始の時点で美人・可愛い女性がいなかった場合、ツアーに使われる丸一日が無駄な時間になる、、という可能性があることでしょうか。

また、美人がいたとしても、その女性とマッチングしなければ、誰とも連絡先を交換できず、ただ旅行をしただけで終わってしまうこともあります。。

④管理人の総評

私の経験則だと、どのツアーも、最低2名は可愛い女性がいたのでモチベーションが下がることはありませんでしたが、可能性として「1人も可愛い子がいない…」となるケースはゼロではありません。

そうなった場合、純粋に観光ツアーとして割り切って楽しめればいいですが、「可愛い女性との出会い」という意味では、無意味な時間を過ごすことになってしまいます。

それを避けるためにも、

ツアーを選ぶときは「純粋に、観光としても自分自身が楽しめるもの」にするのがおすすめですよ。

もし、美人がいなくても、純粋に観光を楽しむことに切り替えられますからね。

色々とお話ししましたが、出会いツアーは、私自身が可愛い彼女を作れた方法でもありますし、楽しみながら女性と出会えるので、冒頭でも言ったように、個人的におすすめの「可愛い彼女の作り方」になります。

ナンパ

恋活・婚活

続いては、「ナンパ」です。

女性を口説く方法として昔からありますが、今でも実践して可愛い彼女を作っている人はいます。

ナンパには、いくつかの種類があるので、一つずつご紹介していきますね。

①ストリートナンパ

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

もっとも王道のナンパです。

道端で女性に声を掛けるやつですね。

お金が一切掛かりませんし、美人や可愛い子など、自分好みの女性に声を掛けられるのがメリットです。

ただ、成功率はかなり低いですし、相当にハートが強くないと難しいです。

100人に声を掛けて、5人反応してもらえて、1人と連絡先交換でもできれば上出来でしょう。

熟練のナンパ師ともなれば、もっと高確率で反応してもらえるでしょうが、ストリートナンパで可愛い彼女を作るなら、正直、別の方法で探す方が効率的です。

私は、ストリートナンパをした経験はありませんが、私の友達で、ストリートナンパで何人かの可愛い子とワンナイトラブを楽しんだ経験のある男性は知っています。

その男性は、ルックスがそこそこ良く、芸人なみにトーク力があったので、ストリートナンパでもそれなりに結果が出せたのだと考えています。

あと、ナンパだと、どうしてもワンナイトラブなどの軽い関係になってしまいがちで、彼女を作るような本格的な交際に発展しづらい点がデメリットです。

②クラブナンパ

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

ストリートナンパの次に王道なのが、このクラブナンパです。

クラブはナンパ、ストリートナンパと違って、女性もある程度男性から声を掛けられる前提でいますので、「声を掛けやすい」「声を掛けて相手をしてもらいやすい」というメリットがあります。

また、お酒を飲んでいる人が多いので、男も声を掛けやすく、女性も乗ってきやすい環境であるのはメリットですね。

デメリットとしては、男が多く、女が少ないお店だと、当然、競争率が激しく、なかなか上手く女性をゲットできないということです。

あとは、クラブに来ている女性は軽いノリの女性が多いので、そういった女性が苦手な男性には合わない可能性が高いです。

私はこういう場所にはいかないタイプなのですが、昔、職場の同僚に強引に連れて行かれたときは、同僚がナンパした女性とカラオケまで一緒に行きました(2対2)。

参加した1回のクラブで、女性をゲットできたので、確率はいいのかな?と思いましたね。(顔も可愛かったですし)

その後、LINEも交換しましたが、残念ながら交際には発展しませんでした。。(同僚は、セックスもして交際できたようです…)

クラブ慣れしている友人がいれば強いですが、一人で行くにはなかなかハードルが高いのと、こういう場に慣れていないと、ナンパするのは辛いと思います。

お酒も飲めますし、社会人の出会いの場としてはアリといったところでしょうか。

③ショップナンパ

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

ナンパ自体、あまり成功率が高くない方法ですが、個人的に唯一ナンパでおすすめなのが、この「ショップナンパ」です。

簡単に言うと、「お店の店員さんをナンパする」ことです。

お水系のお店は除く

なお、「お店」というのは、キャバクラやガールズバーといった、女性との疑似恋愛が前提となっているお店は除きます。

あくまで、一般的な飲食店やショップなどでのナンパです。

客という立場を利用して店員さんに声を掛けるイヤらしい方法と言えなくも無いですが、意外と交際に発展するケースも少なくないので私はアリだと思っています。

クラブナンパと比べると、

成功率は低いけれど、自分好みの女性を狙い撃ちで口説けるのはメリット

ですよ。

私自身、この方法を某創作居酒屋のチェーン店で試してみて、女優の優香似の可愛い彼女を作った経験がありますし、昔の職場の同僚も、お店の女性店員を口説いて彼女にしていました。(結構、可愛かったです)

お得意さんになってからが勝負

方法としては、はじめて行くお店で美人の気になる店員がいればチャレンジしてもいいですが、何度か行って顔を覚えてもらってからナンパするのが成功率は高いと感じています。

当然、ナンパをするまでは、良い客として相手に認識してもらわなくてはいけません。

何度かお店に行き顔を覚えてもらう⇒いい客として認識してもらう⇒ナンパをする

流れとしては、このような感じです。

仕事中にネチネチと「連絡先教えてよ♪」とまとわりつくのは仕事の邪魔で迷惑なので、連絡先(LINEIDやメルアド、電話番号)を書いた紙や名刺をスッと渡すのが基本的なやり方です。

脈があれば返事がきますし、なければこないだけなので、分かりやすいですね。

ナンパを実行したあとは、なかなかそのお店に行きづらいというデメリットはありますが、気になった女性に対して狙いすましてアプローチができるのはメリットと言えるでしょう。

管理人の所感

ちなみに、私は、

このショップナンパを5回ほど実践していますが、うち3回は連絡先を交換してもらえて、1回は彼女にすることができました。

私自身、面食いなので、声を掛ける女性は当然みな美人ばかりです。

なお、ナンパに利用をしたお店は、「コンビニ」「居酒屋」「アパレルショップ」「歯科医院」「地方のお土産屋さん」こちらの5つになります。

このうち、はじめて行った1回で一目惚れして即効でナンパをしたのは、「地方のお土産屋さん」にいた堀北真希似の女性店員のみです。

このときは、連絡先を教えて、返事はきましたが、残念ながら交際には発展できませんでした。

キャバクラ・ガールズバー・クラブ

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

キャバクラやガールズバー、クラブやラウンジなどの「お水の仕事」は、美人と出会うには手っ取り早いですが、彼女にしようと思うとなかなか大変です。

①あくまで疑似恋愛を楽しむお店

というのも、彼女たちはあくまで仕事として男性と接していますので、疑似恋愛は楽しめますが、本気の恋愛として彼女にするのは難しいんですね。 女性が優しく声を掛けてくれ、ちやほやしてくれるお店なので、男性は勘違いしやすいのですが、残念ながらこれが事実です。

キャバクラやガールズバーは、可愛い彼女を作る場としてはおすすめではない…というのが私の見解です。

ただ、「ガールズバーの女の子と付き合えた!」「キャバクラの女の子を彼女にできた!」という声が実際にあるのも事実です。

そういった男性は、かなり論理的・計画的に女性を口説き落としているか、何度も通い詰めて誠心誠意本気で口説き落としているかのどちらかです。

いずれにしても、大変な労力が掛かる割には、彼女にできる可能性は大きくないので、あまりおすすめの方法とは言えません。

②可愛い女の子が多いのは事実

とはいえ、手っ取り早く、可愛い女の子と近い距離で、堂々と話せるお店は、キャバクラやガールズバーくらいです。

彼女にできる可能性は小さいとしても、恋愛のような雰囲気で可愛い女性と交流ができる環境は、彼女が欲しい男性にとって魅力的ですよね。

そてに、最近では、ごく普通の女子大生がバイトでキャバ嬢をやっていることも珍しくありません。

「手の届かないような高嶺の花の美人」はもちろん、「ふつうにどこにでもいるような可愛い女の子」という女性が多いんですね。

そのため、可愛い彼女の作り方として、この環境を活かしたいと思う気持ちはよく分かります。

③ふつうに来店するだけだと、ただの良い客

しかし、ただお店に通い詰めて、指名して、ドリンクを注文しているだけでは、ただの良い客になってしまうのがオチなので、何とか彼女にする方向に持っていく必要があります。

優しい道ではありませんし、お金も掛かりますが、もし自分好みの美人がいるのであれば、積極的に狙ってみるのもいいかと思います。

なお、ガールズバーとキャバクラなら、どちらかと言うと、ガールズバーの女の子の方が落としやすいです。

私はガールズバーもキャバクラもどちらの女性も彼女にしたことはありませんが、

現役ガールズバーの女の子に聞くと、客の男性と付き合ってしまう女の子は決して珍しくない

そうです。

キャバ嬢は、『男性客に疑似恋愛を楽しませてあげる』という、プロ精神で接客している女性が多いため、キャバ嬢の、特に人気の美人ホステスを落とそうと思ったらかなり大変でしょう。

④管理人の所感

一方、ガールズバーの女の子は素人の女性が多く、感覚も一般人とあまり変わらないので、口説き方によっては、十分に落とす可能性があるようですね。

私の友達も、ガールズバーにお気に入りの可愛い女の子を見つけてから、毎週のように通い詰めて、その子にドリンクを入れてあげて、念願の可愛い彼女にできた男がいます。

可能性は決して高くは無いけれど、低すぎるわけでもないので、お水の女性を口説き落とせる自信のある男性は、一度チャレンジしてみてもいいでしょう。

美人と出会える確率は、他の方法と比べても高いので、可愛い彼女の作り方としてアリではあると感じています。

なお、お水系のお店は、キャバクラやガールズバー以外もいろいろとありますが、ガールズバー以外だと、女性スタッフが素人寄りの「クラブ」や「ラウンジ」も比較的おすすめですよ。

風俗

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

①風俗嬢はお水よりも難易度は高い

風俗で働いている女の子は、キャバクラやガールズバー以上に彼女にするのは難しい

です。

なお、風俗というのは、ヘルスやピンサロ、イメクラ、おさわりパブ、ソープランドなど、性感サービスがあるもの全てを指します。

最近では、風俗嬢もふつうの学生がするなど、バイト感覚で風俗をする女性が増えてきました。

そのため、昔と比べると、若くて可愛い女の子の割合がかなり高くなっているんですね。

中には、

「なんでこんな可愛い子が、こんなお店に…」というくらいの美人がいることも珍しくありません。

なので、「風俗で働いている女の子を彼女にしたい…!」と思う男性の気持ちも十分分かります。

しかし、残念ながら風俗で働いている女性は、お水の女性以上にお金に対する意識が高く、男性客のことをお金としか思っていません。

どれだけ口説こうが、心に響かないどころか、ガチ恋のうっとおしい客として、烙印を押されてしまいます。

そうなってしまうと、彼女にするどころか、お店を出禁にされてしまう恐れもあります。

彼女たちにとっては、紳士的にプレイをしてくれて、短いスパンで指名してくれる男性のことを、良い客として評価するだけ

なんですね。

それ以上の関係には発展しない、ということです。

②可能性はゼロではない

ただ、風俗嬢とはいえ、一人の女性です。

絶対に彼女にすることができない、というわけではありません。

世の中には、「可愛い風俗嬢を彼女にした!」という男性の話も極稀に耳にします。

かなりの狭き門・高いハードルとは思いますが、本気で好きになった美人がいるのであれば、積極的に口説いてみるのもいいでしょう。

どうせ、いつかは店を辞めてしまうのですから、話ができるときにしておくのもアリです。口説くのは無料ですからね。

女性がそれに対して、まんざらでもない様子なら前向きに攻めて、嫌悪感を表すようならそっと引き下がればいいだけの話です。

まずは、

良い客として、定期的に指名をしつつ、その女性の悩みを聞いてあげて、経済的・精神的にサポートをしてあげれば、もしかすると彼女にできる可能性もあるかもしれません。

可能性は低いですが、もしお気に入りの風俗嬢がいるなら、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

③パパ活としてなら比較的簡単

ちなみに、私自身は風俗嬢を彼女にしたことはありませんが、風俗嬢を口説いて「パパ活としての愛人」にしたことは何人かあります。

このときは、「お店を介さずに直接パパ活すれば、もっと稼げるよ」「俺がもっと出すから、個別でパパ活として交際しない?」という感じで口説きました。

どっぷりと風俗の世界に浸かったベテラン嬢には、この手の勧誘は効果がありませんが、風俗歴の浅い女の子、若い女の子には比較的効果的ですよ。

しかも、パパ活なら『美人、可愛い女の子』も、かなり興味を持って話を聞いてくれる可能性が高いので、おすすめです。

風俗嬢はお金に対する欲求が人一倍強いので、何度か来店して指名し、信頼関係がそれなりにできてからなら、結構な確率で口説き落とせると感じています。

もしかすると、そこから本当の彼女にすることもできるかもしれません。ご縁が続いていれば、何が起こるかなんて分かりませんからね。

「こういう方法もあるんだ」という参考にしてください。

社会人サークル

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

社会人の出会いの場と言えば、この「社会人サークル」ですね。

スポーツ系、趣味系、音楽や料理、アウトドアもインドアも、さまざまな社会人サークルがあります。

中には、ただ単に「社会人の友達を作りましょう」というサークルや、「飲み友達募集」のようなサークルもあります。

自分の好きな趣味があれば、そのサークルに入ればいいですし、特に無ければ、「友達づくり」「飲み友達募集」のサークルでも構いません。

①メリット・デメリット

メリットは、可愛い彼女を作るだけじゃなく、友達や人脈、交流の輪が広がることです。

あとは、お金もかかりませんし、敷居も低いので、簡単に参加できるのもメリットです。

デメリットとしては、美人や可愛い女性がいる確証がないことと、あまり女性との出会いの温度感高く参加すると、敬遠されてしまうことでしょうか。

純粋にサークルを楽しむのではなく、女性との出会いメインで行動をしていると、「なんだコイツ…出会い厨やんけ…」と思われてしまう、ということですね。

「自分の好きなこと」よりも『美人との出会いの確率』を優先するなら、『美人や可愛い女の子がいるサークル』を狙う必要があります。

②管理人の総評

なお、こういう社会人サークルは、ネットで探せば簡単に見つかりますし、Facebookやミクシーなどで募集をしていることも多いです。

興味があれば、自分が住んでいる地域の社会人サークルを検索してみるといいですよ。

ちなみに、私は社会人サークルに2つほど入っていましたが、残念ながら可愛い彼女どころか、交際相手を見つけることもできませんでした。(美人はいたんですけどね)

しかし、私の友達は、転勤先で友達がいないときに入った「友達を作りたいサークル」で、今の奥さんとなる彼女を作っています。

正直、

その女性は「可愛いな」「美人だな」と感じるレベルではありませんでしたが、「こういう社会人サークルで、女性と出会って、実際に彼女ができるんだなぁ」という参考にはなりました。

こういうケースも実際にあるので、彼女にできる女性と、社会人サークルで出会うことは十分に可能ですよ。

趣味

「趣味」での出会いは、社会人サークルと似ています。

違うのは、社会人サークルがやや出会いの方にウエイトがあるのに対して、趣味は、ただ純粋に楽しむ意味合いも大きいです。

あくまで、好きな趣味を楽しみながら、そこでいい出会いがあればいい、というようなイメージですね。

また、

社会人サークルが、特定のサークルに属して行動するのに大して、趣味は特定のサークル・グループに属するわけではなく、一人で行動することも多いです。

「効率的に可愛い彼女を作る、美人と出会う」ことを考えると、やや非効率な面があるので、あくまで趣味を楽しむのが第一で、出会いは「いい出会いがあればいいな」くらいの気持ちでとどめておくのがいいでしょう。

①料理教室

恋活・婚活
美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

料理教室は、女性の生徒が多く、女性との出会いの場としては申し分ないです。

女性の割合が多い分、美人や可愛い子と出会える可能性も低くはないでしょう。

ただ、「彼氏や旦那のため」に料理を覚えるため、通っている女性も多く、必ずしも可愛い彼女を作るために効率的な場所とは言えません。

女性は多いけど、『パートナーが既にいる女性』も少なくない、ということですね。

そんな中で、みな料理を懸命に覚えようとしている中で、出会いメインで行動をしていたら、周りから見たらうっとおしいことこの上ないですよね。

そのため、もし料理教室で出会いを探すのなら、出会いメインではなく、あくまで『料理を学びに来た生徒』であることを最優先とし、もし、その中で偶然美人と出会えたなら、その女性がフリーだった場合に限り、自然な形でアプローチをする、くらいの温度感でいるのがいいでしょう。

出会いメインで、口説くためにグイグイいくような場所ではないということですね。

②ボイトレ・カラオケ


美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

ボイストレーニングやカラオケに参加して、美人と出会う方法です。

ボイトレは、料理教室と同じく、ボイトレ教室に学びに行く形で参加します。

可愛い子は意外と多い

料理教室ほどではありませんが、女性の割合は多く、特に「若い女性」の割合が多いので、可愛い・美人と出会える可能性も低くはありません。

特に、

ボイトレは「アイドルの卵」や「声優の卵」など、『美人・可愛い女性』の割合も多いです。

今回の記事の「可愛い彼女を作る方法」としてもピッタリですよね。

また、料理教室と違って、パートナーがいない女性も多いので、出会いの場としてもおすすめです。

仲良くなりやすい

一緒にボイトレをして歌が上手くなっていけば、心の距離も近づきます。

いきなり彼女を作る目的で声を掛けるのは失礼ですが、もし気になる女性がいたら、まずはボイトレに集中して、そこを足掛かりに自然なアプローチをすることができます。

カラオケや歌に興味がなければ、なかなか参加し続けるのは難しいですが、歌が好きなら、歌も上手くなるし一石二鳥と言えるでしょう。

管理人の所感

私自身、ボイトレの教室に通っていたことがあるのですが、その中に『アイドルか…?』と思うような、ハイクラスの可愛い女性がいて、アプローチをしたことがあります。

結果的に交際には至りませんでしたが、LINEを交換して、何度か遊びに行ったこともあり、かなり良い所までいったのは確かです。

ボイトレ教室での出会いだから、自然とカラオケにも誘いやすいですし、好きなアーティストのライブにも行けるので、『一緒に遊びに誘える口実』が多いのもメリットですよ。

色々な趣味がある中でも、可愛い彼女を作るなら、ボイトレは私個人的にもおすすめです。

③ジム・フィットネスクラブ


美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

ジムやフィットネスクラブも、出会いの場としては比較的有名ですよね。

ジムに行きさえすれば、出会いの可能性があることを考えると、敷居も低いし、おすすめの方法にも感じます。

ただ、

同じくジムに通ってる私から言わせてもらうと、ジムで可愛い彼女を作るのは難しいと思っています…
ジムで出会いを探すのはおすすめしない…

そもそも、巷で噂されているほど、出会い自体もないと感じています。

理由は単純明快で、「そもそも、出会い目的で続けている人が少ない」からですね。

真面目に通っている人は、大半が、自分の健康や運動のために頑張っているので、周りの人に興味があまりありません。

マシンにしても、プールにしても、エクササイズにしても、みな自分が運動をして健康になること、体作りをするのが第一で、そこに出会いの目を向ける余裕なんてない印象です。

みな黙々と運動をしている中で、女性を口説いて回っていたらかなり悪目立ちしますし、下手をすると、スタッフに注意されて追い出されるかもしれません。

他の趣味と違って、ジムやフィットネスクラブで運動をすることは、個人競技に近いので、他人に関心を持ちにくいんですね。

若い美人の割合が少ない

あとは、

「そもそも、若くて可愛い女性が少ない…」という、最大のデメリットも

あります。。

私が今までに通っていたのは、ゴールドジム、コナミスポーツ、市営のスポーツセンターの3つでしたが、どれも若い美人は滅多に出会えませんでした。

もちろん、平日の夜や土日など、曜日や時間帯を合わせれば、出会える確率は多少上げられるでしょうが、そもそも若くて可愛い女性の母数が少ないというイメージです。

女性はいるのですが、大半がお年寄りか、お母さん世代の人、という印象ですね。

あとは、男性が多いです。

もちろん、若い美人もいることはいますが、数が少ないのと、先ほど言ったように「自分自身の健康・身体づくりのため、本気で活動している」ので、下心を持って声を掛けるのはかなり勇気がいるでしょう。

下手をすると、追い出されるリスクもあることを考えると、ジムやフィットネスクラブで可愛い彼女づくりをするのは止めておいた方がいいですね。

やるとしたら、自分も「あくまで運動、体作りがメイン」のモチベーションで通い、そこで、たまたま偶然可愛い子がいたら、自然な形で声を掛けられそうなら声を掛ける、くらいの温度感で接するのがおすすめです。

その方が相手にも迷惑が掛からないですし、何より、出会い目的だとなかなかジム通いなんて続きませんからね。

管理人の所感

なお、私自身、ここ数年、毎週欠かさずジムに行って汗を流していますが、女性に対して口説く目的で声を掛けたことは一度もありません…!

周りの友達の話を聞いても、「ジムがきっかけで可愛い彼女が作れた!」という声は聞いたことがありません。

ちなみに、

私がプールで泳いでいるときに、おばあちゃんに声を掛けられたことはあります(笑)

利用目的を考えると、出会いの場としてはふさわしくありませんし、そもそも可愛い女の子の割合がかなり小さいです。

④トレッキング・登山


美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

トレッキングや登山は、趣味の中ではかなりアクティブな部類に入りますが、

最近「山ガール」という言葉が流行っているように、女性もかなり増えています。
メリット

山ガールファッションなど、可愛いアイテムが多く出ていることもあり、美人や可愛い女性が多いのも特徴です。

一緒に苦労をして山を登って得られる達成感は、お互いの距離をグッと近づけますので、彼女を作るにはおすすめの趣味と言えそうです。

特に、トレッキングや登山は、一人でする人もいますが、複数人で登ることも多く、自然と女性を誘えるのも魅力ですよね。

先ほどご紹介した「社会人サークル」で、登山サークルに入ってもいいですし、登山中に出会った女性と連絡先を交換して、一緒に登るという方法もあります。

こういう、アウトドアでアクティブな趣味だと、相手も開放的になっているので、声を掛けやすい、誘いやすいのはメリットです。

デメリット

デメリットとしては、体を動かしたり、危険も伴うなど、趣味としてはなかなか大変なことです。

本当にトレッキングや登山が好きじゃなければ、可愛い彼女を作るためだけのモチベーションでは、なかなか続けるのは難しいかもしれません。

また、シーズンのオンオフがある趣味なので、一年中できないのもネックです。

管理人の所感

ちなみに、僕自身、本格的な登山をしたことはありませんが、トレッキングなら数回ほど経験があります。

そのときは、男友達と登ったのですが、道中、可愛い女性3人組とすれ違ったときは、思わず声を掛けてしまいました(笑)

そのとき連絡先の交換などはしませんでしたが、登山やトレッキングだと、すれ違いざまに挨拶をするのが習慣になっているので、自然と声を掛けられるのは大きなメリットです。

何度も登山やトレッキングを続けて、仮にもし同じ女性とまたすれ違ったり、頂上で出会ったりしたら、話も弾むし、出会いの進展にもつなげられるでしょう。

美人と出会えるかどうかは運次第ですが、山好きならチャレンジしてみる価値はありますよ。

⑤スキー・スノボ


美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

スキーやスノボも、趣味の中では出会いの可能性が高い部類と言えそうです。

ジャンルとしては、「トレッキング・登山」とほぼ同じになるでしょう。

・アウトドアでアクティブな趣味
・一人でも楽しめるが、複数人でも楽しめる
・「一緒に行こう」と女性を誘いやすい

このような特徴があります。

スキーやスノボをしている女性は、美人も多いので、可愛い彼女を作る目的で始める趣味としてはいいかもしれませんね。

ただ、トレッキング・登山と違うのは、滑っている間は女性に声を掛けるようなことはできない、ということです。

座って喋っているような女性ならともかく、動いているときに口説いたり、女性を探すことは難しいのがネックです。

また、スキーやスノボは、ニット帽やゴーグルなど、顔を覆う装備を身につけているので、美人かどうかが分からない…女性のルックスが分かりづらい…、というデメリットもあります。

まあ、飛びぬけて可愛い女性は、そういう装備を身につけていても雰囲気でわかってしまう物ですが、可愛い彼女を作るうえで、顔が見えづらいのはデメリットと言えるでしょう。

また、トレッキング・登山以上にシーズンが限られているものなので、参加できる時期が短いのもネックですね。

オープンな場で、声を掛けやすい趣味ではあるけれど、トレッキング・登山と比べるとデメリットが多く、おすすめ度は少し下がる趣味となっています。

ゲレンデで出会う、というよりも、社会人サークルなどで予め美人のいるところに入ってからスキーやスノボを遊びに誘うのが効率的かもしれません。

⑥旅行


美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

旅行先で素敵な女性と出会い、恋に落ちる…

そんな映画みたいな出会い、恋愛は憧れますよね。

旅行先で美人と出会う確率は低くない

実際に、旅行先で可愛い女性と出会うことは決して珍しくありません。

連休・観光地といった要素が組み合わされば、旅行者も多いですし、美人がいる可能性も低くはありません。

そんなとき、声を掛けるのはナンパと変わりありませんが、「旅先という解放感」でお互いに気分が高揚していれば、良い結果になる可能性もゼロではないでしょう。

単なるストリートナンパと比べると、成功率は高いはずです。

特に、「どこから来たんですか?」⇒「住んでる場所が近所」「出身地が一緒」など、共通点がもしあれば、それだけで一気に親近感が沸き、距離を近づけられます。

また、お互いに旅行が趣味なら、これまでの旅行先の話でも盛り上がれますし、単なるナンパと比べると、仲良くなれる要素はたくさんあります。

大事なのは、美人を見かけたとき、いかに自然と声を掛けられるかです。

写真オープナーを使うと声を掛けやすい

あからさまなナンパで声を掛けると、逃げられてしまうor無視されてしまう可能性が高いので、「写真撮ってもらってもいいですか」⇒写真を撮ってもらう⇒「ありがとうございます」「今日は、どちらからいらっしゃったんですか?」こんな感じで、写真オープナーを活用して声を掛けると、まだ先のステップに進められる可能性は高まりますよ。

他の趣味と同様、出会い目的で旅行をすると、いざ可愛い女性と出会えても、グイグイ行き過ぎて失敗してしまいます。

あくまで、旅行を楽しむことを第一目的にして、「美人がいたらいいな~」くらいの温度感でいる方がいいでしょう。

期待値をあまり高くしない方が、失敗に終わってもショックは小さいですし、いざというときも上手く立ち振る舞えることが多いです。

管理人の所感

ちなみに、私の場合、旅行先で旅行者をナンパしたことはありませんが、旅行先のお土産屋さんにいたとっても可愛い看板娘(店員さん)に一目ぼれをして、声を掛けたことはあります。

そのとき、

連絡先(メールアドレスと電話番号を書いた紙)も渡したのですが、なんと返事のメールがきました…!

残念ながら、交際には発展しませんでしたが、何度かメールでやり取りをして(そのときはまだLINEではなくメールが連絡手段の主流でした)、ドキドキを楽しんだのを今でもよく覚えています。

ちなみに、そのとき私は大阪に住んでいて、その可愛い店員さんは静岡に住んでいたので、なかなかの遠距離でした。

婚活パーティー

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「婚活パーティー」は、男女数名~10数名が一同に集まって、出会いを目的としたパーティーをすることです。

①結婚を意識した女性が多い

街コンとの違いは、

参加者が「結婚に対しての温度感が高い」

ということですね。

より結婚に温度感の高い男女が集まるので、フィーリングの合う相手が見つかったとき、交際に発展しやすいのが特徴です。

ネットでは、「婚活パーティーに美人なんか来ない…来るのは売れ残りのブスか地雷ばっかり」のような意見がよく見られますが、そんなことはありません。

まあ、そういう人も来るでしょうが、ふつうに美人・可愛い女性も来るので、なかなか侮れませんよ。

もちろん、そういう素敵な女性の割合は小さいですし、もし来ても、多くの男性との激しい競争になるでしょう。

ただ、それは他のコンパや婚活でも同じことなので、そこでいかに上手にアプローチできるかが勝負です。

②参加するなら個室スタイルがおすすめ

なお、婚活パーティーにはいろいろな種類がありますが、

立食パーティースタイルのものはおすすめしません。

1人の優良物件(美人、可愛い女性)を大勢で獲り合う形になるからですね。

1人の美人の周りに大勢の男がむらがり、とても落ち着いて会話ができない…そんな状態になってしまいます。

最近では、個室スタイルの婚活パーティーも増えていて、1対1で会話ができるものもあります。

この「個室スタイル」なら、どれだけ美人でも、必ず1対1で会話ができるチャンスがあるので、グイグイいけない性格の男性でも、上手にアプローチをしてマッチングできる可能性はあります。

参加するなら、「個室スタイルの婚活パーティー」にするといいでしょう。

③管理人の所感

ちなみに、私は立食形式の婚活パーティーに2回、個室スタイルの婚活パーティーに3回参加していますが、個室スタイルの婚活パーティーでは3回ともマッチングすることができました。

うち2回は、一番のお気に入り女性じゃなかったので(相手も一番の男性じゃなかった…)進展はなかったのですが、1回はお互いにフィーリングも合い、数回ほどデートを重ねて、交際にまで発展することができました。

街コンやナンパよりも効率的に彼女を作ることができ、かつ美人率もそこそこ高いので個人的にはおすすめの方法です。

マッチングアプリ・出会い系サイト

あらゆる美人と出会う方法、彼女の作り方で私がおすすめするのが、この「マッチングアプリ」「出会い系サイト」を使う方法です。

女性が多いのはもちろん、可愛い女の子・美人の割合も高く、恋人探しを目的としているため、彼女にもしやすいのが非常に大きな魅力となっています。

ひと昔前までは、「ネットで彼女を探すなんて…」と、否定的な人も多い時代がありました。

しかし、今ではマッチングアプリ・出会い系サイトは「彼女づくりの手段として、もっともポピュラーなもの」になりつつあります。

事実、現役女子大生の話を聞いていても、「こないだアプリで出会った男性と付き合ったよ♪」という話を聞くのは珍しくありません。

ネットで恋人を探すことに違和感がなくなり、実際に恋人を作っている人がいる今、

アプリやサイトを使って出会いを求めるのは一番理にかなった方法とも言えるでしょう。

マッチングアプリや出会い系サイトなら、自宅にいながら、いつでも自分の好きなタイミングで自由に相手を探せますし、他の方法と比べて場所や時期を選びませんし、手間や時間がかからないのは非常に大きなメリットです。

それにも関わらず、他の方法以上に美人と出会い、可愛い彼女を作ることもできるので、個人的に一番おすすめの方法となっています。

なお、マッチングアプリや出会い系サイトと言っても、いろいろな種類のものがあります。

「恋活:恋人探しがメイン」のものがあれば、「婚活:結婚相手探しがメイン」のものがあれば、「パパ活:疑似恋愛とお金の関係」のものもあります。

サービスによって、出会える相手は大きく変わってくるので、それぞれの種類別で特徴やおすすめ度をご紹介していきますね。

①恋活アプリ・サイト

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

恋活系は若い女性が多い

アプリ・サイトによりますが、恋活系のサービスは女性の年齢が若い傾向にあります。

「結婚」ではなく、あくまで「恋人探し」だからですね。

そのため、学生を中心に、20代の女性が多く、若い女性が好きな男性にはピッタリです。

また、

若い女性、女子大生などの学生が多いことから、可愛い女性・美人も多く、好きな女性にアプローチをすることができます。
可愛いかブスかは見分けがつく

女性は、大半がアプリで加工をした写真を載せていますが、コツを掴めば「本当に可愛いか?」「ブスか?」の見分けは付けられるようになります。

性格の地雷まで見抜くのはなかなか難しいですが、顔が可愛ければ、

性格がビミョウだったとしても彼女じゃなくセフレにでもできますし、応用が効くのが恋活アプリの良い所です。

男性は、アプリの利用に費用がかかるケースが多いですが、月に1,000~2,000円程度で多くの女性にアプローチができますので、コスパはいいと言えるでしょう。

自分のルックスに自信がなくても、髪型と服装を整えて、撮影スタジオなどで写真を撮ってもらえれば、中の下以下の顔面の男性でも、十分にいいねがもらえるプロフィール写真を用意できます。

年収や趣味などで上手くアピールができれば、自分がいいねをしたときのマッチング率も上がりますし、女性からたくさんのいいねをもらうことも可能ですよ。

美人・可愛い女性は多い

私は、この恋活アプリ・サイトを使って、数えきれないくらいの女性にいいねをし、マッチングをしました。

それからメッセージのやり取りをして、LINE交換、直接会うまで発展した女性も数多くいます。

その中で、

何度かデートをすることができ、「彼女になった女性」はもちろんいますし、「こちらが押せば彼女にできたけど、個人的に気乗りしなくてフェードアウトした女性」や「手軽にセックスだけする関係になった女性」「ワンナイトラブで終わってしまった女性」もいます。

そして、もちろん、それらの女性の中には、可愛い彼女、美人の女性も数多くいました。

私自身、かなりの面食いなので、実際に出会ったとき、性格がすごく良い女性でも「ルックスが可愛くない」と、ブスではなく中の中レベルだとしても、放流してしまいます。

何を生意気なことを…と思われるかもしれませんが、それくらい面食いの私でも、満足できるくらい可愛い女性を何人もゲットできたので、恋活アプリ・サイトは個人的に一番おすすめできる出会いのツールです。

管理人もおすすめ

ちなみに、私自身、恋活や婚活とは別に『パパ活』もしているので、女子大生など10代後半~20代前半の若い女性と喋る機会が数多くあります。

彼女たちとの会話で、「恋活アプリで彼氏を見つけたor友達が彼氏を作った」という話をよく耳にします。

今の若い女性にとって、恋活アプリは「ごくふつうに、彼氏を見つけるためのツール」

として活用されているんですね。

中には、一回り以上も年上の彼氏を作った女子大生もいますし、そういう女性は決して珍しくありません(パパ活ではなく、恋人としての彼氏)。

私自身も、アラフォー手前にして、21歳の可愛い彼女と作れたのも、きっかけは恋活アプリでしたし、今の時代、可愛い彼女を作るために恋活アプリ・サイトは必須アイテムだと考えています。

もし、

今まで「ネットで出会いなんて…」と敬遠していた人は、これを機に、ぜひ一度チャレンジしてみてほしいと思います。
[topic color="" title="【可愛い彼女が作れる恋活アプリ・サイト】"]pairs(ペアーズ)、with(ウィズ)、タップル、Tinder(ティンダー)、ラブサーチ、Mr&Miss(ミスター&ミス)、ホワイトパートナーズなど[/topic]

②婚活アプリ・サイト

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

婚活系のアプリ・サイトは、恋活系と比べると、結婚に対しての意識が高いぶん、女性の年齢層が高い傾向にあります。

そのせいか、若くて可愛い女性は、恋活系サービスと比べると少ないと感じています。

決して美人がいないわけではありませんし、大差はないですが、どちらかというと恋活系と比べて「若い女性」も「可愛い子」も少ない…というくらいの感覚ですね。

アプリやサイトの特徴は、恋活系と大差ありません。

基本的には、どの出会い系アプリやサイトでも、「いいねを送る&受け取る」⇒「マッチングする」⇒「メッセージでやり取り」⇒「連絡先の交換」⇒「実際に会う」この流れはほぼ一緒です。
「女性の婚活への温度感が高い」「女性の年齢層がやや高い」

この2点を除けば、恋活アプリ・サイトとそう変わらないので、ほぼ同じ感覚で利用をすればいいでしょう。

アプリやサイトによっては、恋活&婚活として運営しているものも多く、分けて考えるほどのものでもありません。

強いて言うなら、可愛い女性・美人と出会える確率は恋活系の方が若干高いので、どちらかというと、恋活系のアプリやサイトでまずは始めてみるのがおすすめです。

[topic color="" title="【可愛い彼女が作れる婚活アプリ・サイト】"]youbride(ユーブライド)、Omiai(オミアイ)、marrish(マリッシュ)、Yahoo!パートナー、マッチ・ドットコム、ゼクシィ縁結びなど[/topic]

②パパ活アプリ・サイト

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

パパ活アプリ・サイトは、恋活や婚活とはまったく出会いの意味合いが異なります。

お金を前提としたお付き合い

「男女のマッチングサービス」という意味では一緒ですが、[keikou]パパ活では「女性=お小遣いをくれるパパを探している」「男性=お金でデート&セックスしてくれる女の子を探している」という図式になっています。

なので、パパ活アプリ・サイトで可愛い彼女を作ろうとするのは全くおすすめできません。

パパ活をしている女性の年齢は、大半が10~20代の若い女性で、当然可愛い子も多いのですが、パパ活を前提として利用しているということは「お金をくれるパパ」を探しているだけで、彼氏を募集しているわけではありません。

むしろ、彼氏がすでにいる女性が、彼氏とは別で「恋愛感情抜きに、お金だけくれる男性(パパ)」を探すために利用しているケースも珍しくありません。

そういう女性が、もし若くて可愛かったら、男としては「彼女にしたい!」「恋人として本気でお付き合いしたい!」と思ってしまう気持ちは分かります。

パパ活では、お食事やデートだけじゃなく、体の関係にも簡単になれるので、男性は「あれ?付き合えるんじゃね?」と勘違いしやすいのですが、女性からしたらあくまでそれは「パパ活の関係」であって、恋愛感情では無いんですね。

つまり、どれだけデートをしても、セックスをしても、お金を払っても、パパ活で出会った女性を、本当の意味での彼女にすることは非常に困難です。

そこを勘違いしたまま、パパ活市場で女性を求めてない人はもちろん、Mr&Missを利しまうと、無駄な時間を過ごすことになりますので気を付けましょう。

管理人の所感

人間同士、男女のお付き合いである以上、何が起こるかは分からないので、パパ活の関係から、本気の恋愛関係になるケースもゼロではありません。

ただ、

可能性としては極めて低いので、パパ活で可愛い彼女を探すのであれば、ふつうに恋活や婚活アプリ・サイトで探す方が間違いなく効率的です。
私自身、彼女作りとは別で、パパ活も5年以上やってきましたが、「彼女作りとパパ活は分けるべきである」という答えにたどり着きました。 「パパ活で可愛い彼女を作ることは、不可能ではないけれど、恐ろしく効率が悪い」ということですね。

ちなみに、私自身、5年以上パパ活をやってきて、100名以上の女性と会いましたが、その中で本気の恋人として彼女にできたのは、わずか2人だけでした。

5年間もパパ活をして、100名以上の女性と出会って、わずか2名しか彼女を作れないと思うと、いかに非効率かが分かりますよね。

パパ活は、「若くて可愛い女の子と、お金と引き換えにデートをしたり、エッチをしたり、疑似恋愛を楽しむ」のにはおすすめですが、「可愛い彼女を作る」ために利用をすると、一気に非効率な方法になるので気を付けてください。

【可愛い彼女が作れるパパ活アプリ・サイト】
ユニバース倶楽部、paters(ペイターズ)、シュガーダディ、パディ67など

結婚相談所

恋活・婚活

美人率:評価用星

手軽さ:評価用星

交際率:評価用星

コスパ:評価用星

おすすめ度:評価用星

「結婚相談所」は、結婚相手を見つける場所なので、彼女を作る方法としては向いていません。

なぜなら、結婚相談所に登録している女性は、彼氏を作りたいのではなく、「結婚前提でお付き合いができるパートナー」を探しているからです。

とはいえ、「彼女を作る=結婚相手としても意識するから、素敵な女性と出会えるなら、別になんだっていい!」という男性もいるでしょうから、結婚を前提としたお付き合いでもいいなら、そういう方にはいいかもしれませんね。

可愛い彼女を作る場としてはおすすめしない

ただ、「可愛い彼女の作り方」としては、個人的に結婚相談所はおすすめではありません。

可愛い女性や美人も、もちろん登録はされているのですが、恋活・婚活アプリやサイトと比べると、人数は少ないからです。

悪意のある言い方をすると、「いい年になるまで、良い相手を作れなかった女性が集まる場所」だからですね。

もちろん、例外もいますし、「余り物しかいない」とは言いませんが、恋活や婚活アプリ・サイトと比べると、質が下がるのは事実です。

それに、女性の年齢層も高いです。

「20代後半~30代の女性でも、美人なら全然OK」というスタイルなら構いませんが、「若くて可愛い彼女を作りたい!」と思っている男性には合わないでしょう。

1つの結婚相談所にいる、20代前半~半ばの美人の人数は極めて少ないです。(全国規模で数名のレベル)

また、わずかにいる可愛い女性・美人は、当然、他の多くの男性との競争率はかなり激しくなりますので、出会うことはおろか、お見合いにすら発展しない可能性が高いです。

女性側も、「結婚を前提としたお付き合い」になる以上、男性選びも慎重になるためですね。

管理人の所感

私自身、2つほど結婚相談所に登録したことがあり、10名ほどの女性とお見合いをし、仮交際まで発展したことがありますが、どの女性とも本交際まではいきませんでした。

可愛い女性・美人もいましたし、私自身面食いなので、美人を狙ってアプローチしていましたが、どうしても年齢は若くても20代後半~30代の女性が大半でしたね。

たまーに、20代半ばの女性ともお見合いをしましたが、そういう女性は「美人」と言うにはクエスチョンマークが付く、中の中、せいぜい良くて中の上レベルでした。

「とにかく結婚したい男性が、女性のルックスは二の次で、それなりの相手と出会いたい」というなら、結婚相談所はピッタリだと思います。

ただ、『可愛い彼女を作りたい、とにかく美人と出会いたい!』という男性には、おすすめの方法とは言えません。

美人と出会う・可愛い彼女の作り方~出会い編まとめ~

恋活・婚活

美人と出会う方法をいろいろご紹介してきましたが、お話ししてきたとおり「本当に可愛い彼女を作れる」おすすめの方法は、いくつかに絞られます。

管理人イチオシは恋活・婚活アプリやサイト

恋活・婚活

まず、イチオシはやはり「恋活・婚活系」のマッチングアプリやサイトです。

男性は、月額費用は掛かりますが、自宅で手軽に美人との出会いのきっかけを作れるのは大きなメリットです。

何より美人の人数も多いです。

それに、自分のプロフィールの作り方や女性へのアプローチの仕方を少し工夫すれば、思った以上に簡単に美人と出会えますし、可愛い彼女も作れますよ。

もっともコスパが良い、美人と出会う方法と言えるでしょう。

趣味や社会人サークルもおすすめ

お金を極力かけたくないなら、やはり趣味や社会人サークルで見つけるのがおすすめです。(趣味にかかるお金は考慮しません)

同じ趣味を持つ女性なら、会話も弾みますし、デートもしやすいです。

また、出会いの場がネットではなく、はじめからリアルでの対面になるので、相手に警戒心を抱かれにくいのもメリットです。

そのうえで、同じ趣味を持つ仲間なので、打ち解けやすいのは彼女作りのうえでも大きな魅力ですよね。

美人がいるかどうかは運次第なので、狙いすまして自分好みの美人と出会うことができないのはネックと言えますが、自分が好きな趣味を楽しんでいれば、自然とご縁もあるでしょうし、気長に趣味を楽しみながら出会いを待てる余裕のある男性にはおすすめです。

街コンや婚活パーティーは悪くはないが…

街コンや合コン、婚活パーティーなども、出会いの場としては悪くはありませんが、

「効率的に可愛い彼女を作る」ことを考えると、あまりおすすめはできません。

そういった場に出てくる美人は、当然、他の男性との激しい争奪戦になりますし、その場で短い時間での「ルックス」「トーク力」「経済力」などに大きく左右されてしまいます。

そもそも、美人の人数も少ないので、少ないパイを大勢で獲り合う形になってしまいます。

「できるだけパイが多く、できるだけライバルが少ない市場に参入する」

これは、恋愛で成功するための大きな要素となっています。

相手のルックスは気にせず、「ただ単に、彼女を作れたらOK」という程度のモチベーションならいいのですが、この記事のテーマである『可愛い彼女を作る』ことを考えると、止めておくのが無難でしょう。

おすすめしない方法もある

恋活・婚活

ナンパやパパ活、結婚相談所などは、可愛い彼女を作る手段としてはおすすめできません。

どちらも彼女としてのお付き合いに発展する可能性は低いですし、発展したとしてもナンパだと「ワンナイトラブ」で終わってしまったり、結婚相談所だと「結婚を前提としたお付き合い」になるなど、『可愛い彼女を作る』という目的からは外れてしまいます。

他には、

パパ活などは、そもそも「疑似恋愛」や「割り切り」の関係であって、恋愛感情の交際とは言いません。

「女性と出会う方法」は、今の時代たくさんありますが、「可愛い彼女を作る」という目的で考えると、手段を間違えてしまうと、とんでもなく遠回りになってしまったり、永遠に目的を達成できない可能性も低くはありません。

何も考えず、

とにかく女性がいる場所に出向いて、数うちゃ当たる!!という体育会系なスタンスも悪くはありませんが、せっかく人生の貴重な時間を使うのなら、効率的に可愛い彼女を作りたい

ですよね。

それなら、「可愛い彼女を作るにはおすすめしない方法、非効率な方法」が明確に存在しているので、その方法は取り入れないようにして、効率的に美人と出会うようにしてください。

いくつかの方法を同時並行がおすすめ

恋活・婚活

私がおすすめするのは、普段は恋活・婚活アプリやサイトで活動を行い、土日など仕事が休みの日は趣味などリアルで美人との出会いを求めていく方法です。

このように2~3つの方法を同時並行で進めていくと、効率的に美人と出会えますし、可愛い彼女を作れますよ。

1つの方法に固執してしまうと、どうしても視野も狭まってしまいますので気を付けましょう。

今回、ご紹介した話は、どれも、「恋愛ガイドブック」「ネットの恋愛ハウツー」のようなもので見て覚えたものではなく、私が実際に出会いの場に飛び込んで経験したことばかりです。

恋愛ごとの情報に関しては、実体験・経験則が多いほど参考になりますので、出会いのない社会人男性、可愛い彼女を作りたい社会人男性は、参考にしてくださいね。

美人と出会う・可愛い彼女の作り方【おすすめNo.1】

個人的に、可愛い彼女を作る方法として「マッチングアプリ・サイト」がおすすめとお伝えしました。

ただ、マッチングアプリや出会い系サイトは数多くありますので、どれを使ったらいいかなんて分からないと思います。

そこで、

私がおすすめする「特に、美人と出会いやすい、可愛い彼女を作れるアプリとサイト」をご紹介しますね。
マッチングアプリとサイト、合わせて30種類以上を利用してきて、100名以上の女性と出会い、実際に可愛い彼女を作れたので、信ぴょう性のあるデータと思っています。

管理人イチオシの恋活・婚活サイト【Mr&Miss】

mrmiss

個人的にもっともおすすめしているのが、「Mr&Miss(ミスターアンドミス)」という出会い系サイトです。

Mr&Missは、「28歳以下の美女と出会える、プレミアムマッチングサービス」というキャッチフレーズで誕生した、今注目の『可愛い彼女が作れる出会い系サイト』です。

出会い系サイトには、「恋活」「婚活」「友達づくり」「セフレ」などいろいろな種類がありますが、Mr&Missは「恋活」と「婚活」の両方を兼ね備えたサイトとなっています。

①写真審査&年齢制限のある婚活サイト

このサイトの面白いところは、登録するのに「写真の審査」があることです。

写真の審査は、サイト運営スタッフが行うのですが、「ルックス」をはじめ「清潔感」「髪型」「ファッション」などの観点から、異性の目線で判断されます。

年齢制限もあり、

男性は「20~35歳」、女性は「18~28歳」となっていて、若い女性が多いのも魅力の一つ

です。

この、「写真審査」と「年齢制限」のおかげで、登録している女性は、「若い美人」が多いので、この記事のテーマである【可愛い彼女を作る】環境としてはピッタリの恋活・婚活サイトとなっているんですね。

②男性には職業や収入の審査も

なお、男性にも「写真審査」があり、審査をクリアしなければ登録はできません。

また、男性の場合は『上場企業・大手企業・外資企業・医師・経営者・弁護士・会計士・税理士・公務員・年収600万円』のいずれかの条件を満たしている必要があります。

なかなか登録するのにハードルが高く感じるかもしれませんが、写真は「髪型と服装を整えて、笑顔で撮影」すれば、決してイケメンじゃなくてもふつうに通過できます。

私も、

自他共に認める「中の下」レベルのルックスですが、「美容院に行き、整えてもらった髪の毛」「ショップ店員に見繕ってもらった服装」で、「フォトスタジオでプロのカメラマンに撮影してもらった写真」で申し込みしたら、ふつうにクリアできました。

自分のスペックはショボくても、プロにセットしてもらえれば、写真映えする姿にできるので、あとはその写真を送ればいいだけです。

別に、

イケメンやハンサムの域に達していなくても、清潔感を出して、笑顔で撮った写真ならクリアできると思いますよ。

男性は、女性ほど写真審査で、ルックスは求められないと考えています。

なお、職業や年収の条件については、満たしているのならそのまま問題なく審査を通過できますし、もし満たしていなくても、裏ワザを使って通過する方法はいくらでもあります(証明書の偽造&他人に借りるなど)。

証明書は、書類で発送するわけじゃなく、電子データでファイルを添付して送るだけなので、自分で何とでも裏ワザが使えるんですね。(もちろん、あまりに大きな嘘を付くと、仮に登録できても、女性とマッチングしたり交際した後で困りますが…)

Mr&Missの審査に合格する方法については、こちらで詳しく紹介しているので興味があれば見てみてくださいね。
Mr&Missの審査に落ちた人必見!審査に合格する方法

③使い方は一般的なマッチングアプリとほぼ同じ

mrmiss 使い方流れ

なお、Mr&Missは、アプリではありませんが、基本的な使い方は一般的なマッチングアプリとほぼ同じです。

「いいねをするorされる」⇒「マッチングする」⇒「メッセージでやり取り」⇒「出会う」

このシステムで、女性と出会いを作っていきます。

Mr&Missが少し変わっているのは、男性が「いいね」を送って、女性が好印象でも、その場でマッチングはしない、というところです。

男性からのいいねに対して女性が好印象なら、女性も男性に「いいね」を返します。

その後、男性が改めてその女性に「アプローチ」を送り、その女性がアプローチを受けたら、はじめてマッチングが成立する、という流れになっています。

アプリはないので、パソコンやタブレット端末からでも操作できるのが特徴です。

もちろん、

スマホからでも利用ができます。

「アプリが無いことの不便さ」は、まったく感じないですね。

④女性とマッチングしたらメッセージでやり取り

mrmss

Mr&Missで女性とマッチングしたら、その女性と自由にサイト内で会話ができるようになるので、何日間かかけて会話を楽しみます。

自己紹介や自己開示、女性への質問、日常会話などをして、女性からの印象を良くしましょう。

良い感じでやり取りを続けられるようになったら、適当なタイミングでお茶にでも誘ってください。(いきなりディナーよりは、お昼にお茶かランチくらいの方が女性も安心します)

やり取りをする時間の目安としては、1週間~10日くらいです。長くても、2週間も続ければ上等です。

気が合えば、2~3日で誘ってもいいですが、あまり焦らないことです。

お茶に誘って、女性がOKをしたら、流れで連絡先(LINE)も交換しましょう。

直接会ってから聞いてもいいですが、会う前に、Mr&Missのメッセージ内で交換する方がいいでしょう。(デートの待ち合わせなどで、LINEが使えると便利ですし)

あとは、

お茶の日程や場所を決めて、初デートを待つのみです。

⑤出会うことができたら、あとは流れで

初デートで顔合わせをしたら、あとはサイトは関係なく、二人だけの世界になります。

まずは、お茶やランチをしながら、初顔合わせを楽しんでください。

そして、会話をしてみて、その女性のことを気に入ったのなら、2回目のデートに誘いましょう。

あとは、デート⇒LINEで会話、の繰り返しをしてお互いの関係を築いていき、3~4回デートを重ねたあとで告白をすればOKです。

晴れて、Mr&Missを使って可愛い彼女の誕生となります!

なお、

女性の性格によっては、告白をする前に、先に自宅に誘って抱いてしまってもいいかもしれません。(押しに弱い女性など)

女性は、

彼氏がいないときにエッチをした男性を好きになる傾向があるので、学生のようにわざわざ告白を挟まなくても、雰囲気次第で先に抱いてしまうのもアリですよ。

私は、この方法で告白前に女性を抱いて、女性に私を好きにさせてから告白して付き合ったことが何度もあります。

この記事では、ざっくりと端折りましたが、大まかな流れは、私が実際にMr&Missを使って可愛い彼女を作ったときと一緒です。

より詳しい手順・流れは、こちらの記事でご紹介していますので、興味のある方は見てみてくださいね。

Mr&Missで、21歳のDカップ黒髪の乃木坂46系美人を彼女にした体験談

⑥女性の美人の割合が高い

mrmiss

私がMr&Missを一押しする理由は、何と言っても、「女性会員の美人率が高い」ということです。

一般的なマッチングアプリなどと比べると、かなり美人は多いですね。

少なくとも「ブス」と呼ばれるような、地雷レベルの女性はいません。

体感だと、「ブス:0%」「ややブス:5%」「ふつう:35%」「美人・可愛い:40%」「かなり可愛い:20%」これくらいの印象です。

「美女!」をうたっている割に、ふつうレベルの女性もまあまあいますが、それでも半分以上は万人が見て「可愛い」か「かなり可愛い」と感じるレベルの美人が揃っていますね。

自称、かなりの面食いの私が言うので間違いありません。
面食いじゃない男性が見たら、ほぼ全員がストライクゾーンになるのではないでしょうか。

可愛い彼女の作り方として、私がMr&Missをイチオシする最大の理由となっています。

⑦月額費用&いいねは0円

あと、Mr&Missの面白い特徴として

「月額費用が0円」というところです。(登録費用は、男性の年齢によって、登録時に一度だけ3,000~8,000円がかかります)

また、「いいね」も無料ですので、気になった女性に好きなだけ送ることができます。

では、どこに費用が掛かるかというと「女性とマッチングしたときのみ」です。

気になった女性にアプローチをして、女性がOKをして「マッチング成立」したときのみ、マッチング費用が掛かります。

そのため、登録して女性にいいねを送っているだけでは、お金は一切掛かりません。

気になる女性がいたら「いいね」も送り放題、女性とマッチングが成立して初めて費用が掛かるので、非常にコスパ良く女性とやり取りをすることができるんですね。。

マッチング費用は、「20~25歳の男性は、1,500円/1回」「26~35歳の男性は、2,500円/1名」となっていて、まとめ買いすることもできます。(まとめ買いすると少しお得になる)

なお、マッチングは、女性が「いいね」を返してくれただけではしません。

女性がいいねを返してくれて、その後、「改めてその女性にアプローチをして、女性がそれを受理して初めてマッチング」となります。

そのため、「いいねを送りまくって、マッチングしまくってしまい、大金を支払うハメになる…」ということはありませんので安心してください。

Mr&Missの費用については、こちらで詳しく紹介しているので興味があれば見てみてください。
Mr&Missの費用・料金について

⑧管理人の口コミ~50人とマッチングし、10名とデート~

mrmiss

なお、私は、Mr&Missを利用しはじめてから、かれこれ3年ほど経ちますが、その間50人以上の女性とマッチングし、10名くらいとデートをしました。

出会った女性のルックスは、皆、中の上よりは高いレベルの可愛い女性です。

ふつうに、「えっ?めっちゃ可愛いんだけど、、アイドルやっててもおかしくないレベル…!」というような美人もいました。

少なくとも、「学校のクラスにいたら、上位5人には入るレベルかな~」という感じで、みな美人・可愛いのは間違いありません。

なお、

女性のプロフィール写真は、みな「審査」を通過したものしか掲載できないので、一般的なマッチングアプリのように「ゴリゴリの加工をした、別人レベルの写真」ではありません。

あくまでも、その女性の素顔が見られるので、写真詐欺・パネマジに騙されるリスクもないので安心ですね。

⑨管理人の実績~実際に可愛い彼女が作れました~

ちなみに、私は今、出会った約10名の女性の中の1名とお付き合いをしています(仮にA子とします)。

出会った10名、みな美人でしたが、その中でも、一番若くて、一番可愛かった女性がA子です。

スペックは、22歳の女子大生で、スレンダーだけどバストはDカップ、乃木坂46にいそうな黒髪の清純派美人です。

ルックスは、可愛いと綺麗がバランスよく混ざった感じで、一目見て「あ、かわい…」と思うレベルです。

趣味は、アニメ・ゲーム・野球と、絵にかいたようなオタク受け完ぺきな女性…!

文字に起こすと、一気に嘘っぽくなってしまいそうですが、この女性は「実在していて」そして、『今現在、私がお付き合いしている女性』です。

アラサーの自分が、パパ活ではなくガチの恋愛として、こんな素敵な女性と交際できるなんて自分でも驚いています。。

⑩管理人の口コミ~可愛い彼女と絶賛お付き合い中~

今、A子とは交際をはじめて半年ほど経ちますが、毎週1回以上は会い、デートをしたり、エッチをする健全なカップルとしてお付き合いを続けています。

A子は男を立てる、従順なタイプの女性なのでデート中も楽しく、体の相性もいいので半年経った今でもマンネリすることなくセックスも楽しめています。

付き合い始めた頃は、

「金目的か…?」と思ったりもしましたが、半年交際を続けていて、高価なものをねだることもなく、デートは自宅で野球観戦やゲーム、アニメ鑑賞でも楽しいよ♪というようなお金の掛からない女性です。

強いて欠点を言うなら、少し肌が荒れている(ニキビ)ところと、若干メンヘラっぽいところでしょうか。

今では、学校卒業後にA子との結婚も視野に入れてのお付き合いを続けています。

⑪Mr&Missで作った彼女はお金がかかる?

Mr&Missの女性は美人揃いというのは分かりましたが、男性がハイスペックという前提だと、「金目的の女が多いんじゃ…」と思うかもしれませんね。

正直、私もそう邪推していた時期はありました。

ただ、今となっては、その心配はほとんど無いと考えています。

Mr&Missを通じてお付き合いをした彼女は、

みな物欲が少なく、ブランド物をねだるような女性ではありませんでした。

それどころか、デートも、ふつうのカップルが行くような場所(水族館や映画館、ディズニー、猫カフェなど)で十分満足してくれるので、お金がほとんどかかりません。

クリスマスや誕生日などのプレゼントも、ハイブランドなものを買ってあげることはなく、1~2万円か、高くても数万円程度のものばかりです。

それで十分に満足してもらえましたし、高額なものを要求されることはありませんでした。

一回りくらい年下の彼女が多かったので、ご飯を奢るくらいはしていましたが、

「Mr&Missで付き合った彼女だからお金がかかった…」ということは一切ありませんでしたね。

他のマッチングアプリで出会った女性と同じように、金銭感覚がまともな女性ばかりでした。

もちろん、

一般的なマッチングアプリと比べて、男性が高収入であることは分かっているはずなので、「結婚したらラクができるかも…」「お金の心配はしなくていいかも…」みたいな考えは頭のどこかにはあるでしょう。

ただ、それを前面に出してきて、ゲンナリさせるような女性はほとんどいませんでしたよ。

ちなみに、ハイブランドなプレゼントをしたことはありませんが、旅行では「露天風呂付き客室にする」など、ちょっと贅沢にしたり、彼女に特別感を感じさせてあげるようにはしましたね。

⑫Mr&Missのサクラについて

こういう「美人の多い出会い系サイト」という触れ込みで気になるのが「サクラ」の存在ですよね。

美人に見えるけど、実際には業者や運営が雇ったサクラ、もしくは顔写真だけを美人にしておいて、運営スタッフが裏ではやり取りをしている…アプリによっては、そんな悪質なものもあります。

結論から言うと、Mr&Missにサクラはいないと考えています。

というのが、私自身Mr&Missで数十人とマッチングしましたが、その大半とLINE交換できているからです。

また、

LINE交換できなかった女性とも、メッセージのやり取りは違和感なくできましたし、LINE交換しなかったのは「女性にその気が無かった」というよりも、私自身が「フィーリングが合わないと思った」ため、連絡先を聞かなかったケースが多いです。

『マッチングしたけど、全然会話する気ないなこの女…』とか、『会話は弾んでいるのに、LINE交換とかお茶を誘うとさりげなく断るな…』というようなことは一切ありませんでした。

数十名とマッチングして、たった1人だけ、『自分(女性)からいいねしておいて、マッチングしたのに、メッセージが続かないどころか、続けようとする努力も見られない、そもそもログイン自体していない…』という謎の女性がいました。

「サクラか?」と感じたのは、3年間Mr&Missを利用してきて、この1人だけでしたね。

⑬アラサー非モテ男でも、可愛い彼女が作れる

mrmiss

正直、アラサーどころか、アラフォーが目前に迫ったこの年で、一回り以上も年の離れた、こんなに可愛い彼女ができるとは思ってもいませんでした…

もちろん、「若くてカワイイ彼女が欲しいな~」とは、常々思っていましたが、それが実現できたのは自分でも本当に驚いています。

私は、Mr&Miss以外にも数多くのマッチングアプリを利用していましたが、それらのアプリやサイトでは、A子ほど可愛い彼女はまず作れなかったでしょう。

何とか20代の女性と出会うことはできていましたが、みな中の下か中の中ばかり。。

残念ながら、面食いの私が満足できるような「可愛い彼女を作る」ということは、実現できませんでした。

そう考えると、

本当にMr&Missには感謝しかないですね。

アラサーで面食い、結婚どころか彼女を作ることすらも諦めつつあった私が、満足して付き合える可愛い彼女ができたのですから。

なお、A子以外にも、交際目前までいった、美人で優しくておっぱいの大きい「B子」という女性もいました。

この女性も、とっても素敵な人だったのですが、年齢が26歳とやや年齢が高かったのと、顔が好みのタイプではなかったので(美人ではあったが)、僕からフェードアウトする形で交際には至りませんでした。

アラフォーのオッサンが、炎上必死のかなり生意気なことを言っているのは自覚していますが、これほど贅沢な出会いができる恋活・婚活サイトだと思ってもらえればと思います。

Mr&Missは、アラフォーで、顔面レベル中の下、コミュ力が低く、トーク力も大して無い私が、大勢の美人と出会い、そして可愛い彼女を作ることができた恋活・婚活サイトです。

可愛い彼女を作りたい社会人の方はもちろん、私と同じように、アラサー、アラフォーと呼ばれる年齢になっても、可愛い彼女を作りたいと思っているワガママな男性は、ぜひ一度利用してみてください。

きっと、今までのマッチングアプリでは体験できないような感動が得られますよ。

Mr&Missに登録して素敵な女性との出会いを見つける

美人と出会う・可愛い彼女の作り方【おすすめNo.2】

恋活・婚活

私が、可愛い彼女の作り方で一番おすすめなのはMr&Missを使う方法ですが、Mr&Missには写真審査や登録条件があります。

ただ、いずれも裏ワザを遣えば誰でも登録できるくらい、審査のハードルは高くはありません。

とはいえ、どうしてもMr&Missの審査に落ちてしまう…という男性もいるかと思います。

そんな男性のために、もう一つ、私がおすすめするマッチングアプリをご紹介しますね。

管理人おすすめの恋活・婚活アプリ【pairs(ペアーズ)】

pairs(ペアーズ)は、恋活・婚活マッチングアプリとしては、知名度No.1と言ってもいいくらい有名なアプリ

です。

会員数も多く、使いやすいため、社会人でも気軽に恋活・婚活ができ、彼女を作れるおすすめアプリですよ。

私自身、Mr&Missを一押ししていますが、それ以外のマッチングアプリだと、このペアーズを同時並行で使っていました。

Mr&Missと比べると、どうしても女性の平均ルックスは落ちますが、それでもマッチングアプリの中では可愛い子は多い方です。

Mr&Missが無ければ、間違いなくペアーズ1本で彼女づくりをしていますね。

何十個ものマッチングアプリで女性と出会いまくってきた私が言うのですから、間違いありません。

事実、ペアーズでマッチングした女性10名くらいと会いましたが、半分くらいはプロフ写真と同様に美人でした。

ペアーズは、Mr&Missと比べると「女性会員あたりの、美人の割合」は小さいですが、「会員数が多い」ので、『美人の母数』自体は多いんです。

しっかりとリサーチすれば、自分好みの可愛い女性を見つけることはできますし、自分のプロフィールをしっかりと作っておけば、マッチング⇒出会い⇒彼女、と発展させることも十分に可能ですよ。

個人的には、可愛い彼女が作れるマッチングアプリとして、十分にペアーズはおすすめできます。

Mr&Missの登録は思うようにいかない人はもちろん、Mr&Missを利用している男性も、併用アプリとして、美人との出会い・彼女作りにぜひ利用してみてください。

pairs(ペアーズ)で可愛い彼女を作る

まとめ

恋活・婚活

以上、今回の話をまとめると次のとおりです。

・社会人が女性と出会う方法はたくさんあるが、可愛い彼女を作るなら方法は限られる
・お金を掛けないなら、社会人サークルや趣味、ナンパ(ナンパ、クラブやショップナンパ)がおすすめ
・多少お金を掛けてもいいなら、出会いツアーや婚活パーティーもおすすめ
・可愛い彼女の作り方で一番のおすすめは、「美人の多いマッチングアプリ&サイト」を使って探す方法
・美人の多いマッチングアプリ&サイトなら、「Mr&Miss(ミスターアンドミス)」がイチオシ
・Mr&Missは、恋活・婚活サイトでは珍しい「写真審査」がある
・だから、女性はルックスの良い人が多く、可愛い子&美人の割合が大きい
・登録には審査&条件があるが、裏ワザを使えば比較的簡単に誰でも入れる
・可愛い子が多いが、お金に執着している子は少なく、金銭感覚はふつうの女性が多い
・管理人タクヤも、Mr&Missを使って、一回り以上も年下の可愛い彼女を作りました
・交際には発展しなかったが、何回もデートをして良いところまでいった美女も多数いる
・次点でpairs(ペアーズ)を使うのもおすすめ
・会員数があらゆるマッチングアプリの中でも特に多く、美人の人数も多い
・ペアーズは、審査などがないので、誰でも気軽に登録し、利用ができる

男性の状況(経済力や住んでいる地域)によって、彼女の作り方は、できる方法とできない方法があると思います。

ただ、どんな状況でも、マッチングアプリ&サイトを使う方法は、時と場所を選ばず、誰でも自由にできます。

その中で、多少お金に余裕のある社会人が、効率的に可愛い彼女を作るなら、今回ご紹介したMr&Missは本当におすすめですよ。

面食いの私が満足できるレベルで、本当に可愛い子が多いですし、一度使ったら他のマッチングアプリを使うのがバカらしく感じるほどです。

それくらい、女性のルックスは質が高いですね。

実際に

、私がMr&Missで出会った美人を彼女にすることができ、今でも良いお付き合いができているのが、おすすめしている最大の理由です。
社会人で出会いがない…という男性、とにかく可愛い彼女を作りたい…という男性は、ぜひMr&Missを一度使ってみてください。

今まで、一般的なマッチングアプリ&サイトを利用していた方ほど、可愛い女性の多さに驚くと思います。

どうしてもMr&Missに登録できなければ、ペアーズもおすすめのマッチングアプリなのでぜひ利用してみてくださいね。

可愛い女性との出会いを求める社会人男性にとって、少しでも参考になれば幸いです。

以上で、「可愛い彼女の作り方・美人と出会う方法【社会人編】成功体験談あり」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Mr&Missについてもっと詳しく知りたい方はぜひこちらの記事もお読みください。
Mr&Missで可愛い彼女を作る

The following two tabs change content below.
タクヤ

タクヤ

年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

Copyright© 男の恋愛ラボ , 2019 All Rights Reserved.