男性の恋愛・結婚をサポートする情報を提供するメディア

30代男性が20代女性の恋愛対象になり、付き合うための4つの条件

タクヤ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

タクヤです。

こちらでは、「30代男性が20代女性の恋愛対象になり、付き合うための4つの条件」についてご紹介しています。

「女性は年上が好き」
そんなことを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

これは事実であり、実際に20代女性と付き合っている30代男性は少なくありません。
私もそんな30代男性の一人です。

しかし、どんな30代男性でも20代女性と付き合えるわけではありません。
最低でも、まずは20代女性の恋愛対象になる必要があるんですね。

結論から言うと、30代男性が20代女性の恋愛対象になり、付き合うための4つの条件とは、
「見た目」「経済力」「トーク力」「自信」です。

この4つの条件を揃えれば、30代男性でも20代女性から恋愛対象に見られ、付き合うことができます。

そして、この4つを磨けば磨くほど、その可能性を高めることが可能です。

ブサメン陰キャでも、30代で何人もの20代女性と付き合ってきた私がお約束します。

この記事を読めば、次のことが分かります。

・30代男性が20代女性に恋愛対象に見てもらうために必要な4つの条件
・「見た目」はイケメンじゃなくてもいい?
・「経済力」は金持ちじゃなくてもいい?
・「トーク力」はホストやお笑い芸人なみじゃなくてもいい?
・「自信」はなくてもいい?

20代の若い女性から恋愛対象に見られたい、付き合いたいと思っている30代男性は参考にしてくださいね。

恋愛対象に見てもらうために必要な4つの条件

恋活・婚活

次は、女性と付き合うのに欠かせない『恋愛対象に見てもらう方法』についてお話しします。

特に、【30代男性が20代女性から、恋愛対象に見てもらうのに欠かせない方法】として『4つの条件』をご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.「見た目」が良いこと
2.「経済力」がある
3.「トーク力」がある
4.「自信」がある

それでは、一つずつ説明していきます。

長くなっていますが、とても大事なことを言っていますので、ぜひ最後まで見てくださいね。

「見た目」が良いこと

婚活アプリ・サイト

恋愛対象に見てもらうために必要な一つ目の条件
それは、『見た目』が良いことです。

①見た目が良いほど、女性と付き合える

結婚相談所

先ほども言いましたが、「見た目」はとても大事です。

見た目がいいほど、女性から恋愛対象に見てもらいですし、

逆に、最低限の見た目がなければ恋愛対象に見てもらうことは出来ません。

「人は見た目じゃない、中身だ!」
もし仮にそうだとしても、見た目をないがしろにしていいわけではありません。

見た目が「出会う女性にとっての最低限許容レベル」に入っていれば、第一印象で「ナシ」判定されることは避けられます。

ただ、できることなら、それ以上の上積みを見た目でしておくのがベターです。

見た目が良ければ良くなるほど、女性と付き合える可能性は高くなりますからね。

②イケメンになる必要はない

婚活アプリ・サイト

「見た目がいい」と言っても、何も「イケメンになるべし!」と言っているのではありません。

確かにイケメンであるに越したことはありません。
しかし、20代女性と付き合うのにイケメンである必要性は、実は全くないんですね。

見た目は生まれ持ったものである以上、ルックス並以下の男性が、努力して急にイケメンになることは難しいです。

しかし、【雰囲気イケメン】になることは可能です。

アラサー男が、一回り以上年下の女性と付き合うのに、イケメンである必要はありません。
雰囲気イケメンであれば十分です。

まずは、雰囲気イケメンを目指して、日ごろの意識を変えてみましょう。

③雰囲気イケメンを目指そう

婚活アプリ・サイト

雰囲気イケメンを目指すといっても、ルックスをどうこうするだけではありません。

ルックスだけじゃなく、肌の綺麗さ・体型などをケアするだけでもOKです。

ぽっちゃり体型の方は、ダイエットをし、筋トレをして筋肉を軽くつければ、シュッとした女性ウケのいい見た目を手に入れられます。
何も、マッチョにならなくても、太っているなら痩せて、普通の体型にするだけでいいんです。

ニキビやシミなど、お肌の悩みが気になる方は、スキンケアをしたり、食生活を改善すれば肌も綺麗にすることができます。

こういった部分は、30代に入ると、気を抜くと劣化しやすいです。
そのため、ここを意識するかどうかだけでも、見た目に良い影響を与えますよ。

シミやたるみが気になるなら、食生活や睡眠を改善したり、サプリメントを飲んだり、プチ整形をしたり。
お腹が出てきたなら、同じく食生活を改善したり、運動や筋トレをしたり。

こういった、今日からでもできることを少し意識することで、比較的短い期間で若々しい見た目を手に入れることは十分に可能です。

見た目を良くすると言っても、方法は整形やプチ整形だけではないんですね。
他にも、もっと気軽にできる方法はたくさんあるんです。

簡単な努力だけでも雰囲気イケメンになれるので、できることから少しずつ始めてみましょう。

④ファッションや髪型だけでもOK

婚活アプリ・サイト

見た目は、何も自分の肌や体だけではありません。
ファッションや髪型だけでも大きく変わります。

ファッションやヘアスタイルに今まで興味が無かった、気を使っていなかったという方は、今からでも意識してみてください。

美容院に行き、髪の毛をカットしてもらう、カラーを入れてもらう、パーマを当ててもらう。
これだけでも、かなり垢抜けますし、見た目を良くすることができます。

別に、オシャレ上級者になれと言っているのではありません。

最低限、TPOに合った服装・髪型をするだけでも、女性からの印象は全然変わりますよ。

「そういうお店に行ったことがないから、どうすればいいか分からない…」

そんな方は、自分で何とかしようとする必要はありません。

ファッションなら、セレクトショップへ行き店員さんにお任せする、
ヘアスタイルなら、美容院へ行きスタイリストさんにお任せする、

プロに任せれば、自分に合う見た目にしてくれますよ。

自分で考えるよりもラクですし、間違いがありません。

⑤面倒くさがらず頑張ろう

雰囲気イケメンになるには、こういった少しの努力だけで変えられることもたくさんあります。

できることから一つずつ頑張ってみましょう。

ここを「面倒くさいな…」「そんなのやったって無駄だよ…」と思って行動しないと、20代どころか、彼女すら作ることは難しいでしょう。

30代の男性が20代の女性と付き合うためには、少なからず努力が必要なんです。

今の自分を変えられないと、彼女ができる可能性は小さいままです。

30代という年齢で、20代の女性と付き合うのが目的ですから、多少なりとも、自分を変える努力はしてくださいね。

見た目は、「モテるための努力」の中でも、比較的取り組みやすく、また結果が形になって出やすいものです。

そのうえ、女性からの反応も良くなるので、ぜひ普段から意識して取り組んでください。

⑥「整形」という選択もアリ

恋活・婚活

「見た目を変えるのに、整形などしなくても、できることはたくさんある」と言いました。
これは事実です。

まずは、整形以外でできること(ファッション・髪型、体型づくり、プチ整形など)をやってみてほしいと思っています。
整形は、お金も体の負担も大きいですからね。

ただ、そんなことを言いつつも、私自身は『整形は肯定派』です。

極論を言えば、見た目に自信がないなら、美容整形をしてでも見た目を良くするべき、と私は考えています。
その方が、確実に女性にモテるようになりますからね。

⑦コンプレックスを解消すると自信がつく

婚活アプリ・サイト

例えば、
低くて豚のように見える鼻がコンプレックスなら「鼻の整形」を、
腫れぼったく怒っているように見える目がコンプレックスなら「目の整形」を、

自分の顔面のマイナスポイントが良くなれば、間違いなくモテるようになります。

また、自分のコンプレックスが解消されることで「自信が付く」という副産物もあるので、女性の前でも堂々と立ち振る舞えるようになります(実体験談)。

そうなると、見た目とは別の意味でもモテるようにもなりますよ。
女性は、自信のある男性に惹かれますからね。

整形はお金もかかるし、体への負担もかかります。 最優先ですべきことではありません。

まずは、できることから少しずつやってみるのが大事です。

ただ、自分の努力だけではどうにもならないコンプレックスがあるなら…
それを抱えたままだと、どうしても恋愛に前向きになれないなら…

積極的に「整形」を取り入れることも考えてみてくださいね。

⑧まずはプチ整形でもOK

恋活・婚活

もちろん、肌にメスを入れる整形までしなくても、はじめはプチ整形くらいでも全然構いません。

私も、いきなり整形ではなく、美容注射などのプチ整形や小顔矯正からでした。

今の時代、整形技術は大きく進歩しています。
そのため、肌を切らない施術だけでも見た目を向上させることは、実は可能なんですね。

例えば、ヒアルロン酸やボトックスなどの美容注射だけでも、輪郭を整えてカッコよくすることは十分にできます。 丸顔や顔の下膨れが気になる男性には、これがとてもおすすめですよ。

30代の男性なら、頬のたるみが気になることもあるでしょう。
そういった場合は、溶ける糸によるリフトアップをすれば、若々しい見た目を取り戻すことだってできます。

リスクや高額な費用を負担しなくても、プチ整形だけでも、見た目を大幅に向上することは可能なんですね。

⑨管理人も整形済み

婚活アプリ・サイト

もちろん、大きなコンプレックスがあるなら、整形もした方がいいのは間違いありません。

実際、私も長年コンプレックスだった豚鼻を整形したおかげで、カッコイイ見た目を手に入れられ、自信が付くとともに、一回り以上年下の彼女と付き合うこともできました。

「鼻が高くてカッコいいね♪」
「タクヤさんの鼻、私好き♪」

整形後に出会った女性からは、何度も鼻を褒められました。

整形をしなければ、彼女たちとご縁が続くことは無かったかもしれません。

ちなみに、私が整形をしたのは30代の後半になってからです(笑)

長い人生、30代なんてまだまだこれから。
変わろうと思えば、いくらでも変えられる年齢です。

いきなりメスを入れる整形は怖いと思うなら、まずは美容注射や糸リフトなどのプチ整形から始めてみましょう。

30代という年齢でも、20代の女性と付き合うため、モテるために、「整形なんて…」と考えず、できることは何でも取り入れてみてください。

私はプライドを捨てて、そういったことに取り組んだ結果、30代でも何人もの20代の女性と付き合えるようになりました。

あなたも、行動さえすれば、私と同じ結果を出すことは十分に可能ですよ。

「経済力」がある

婚活アプリ・サイト

恋愛対象に見てもらうのに必要な一つ目の条件
それは、『経済力』があることです。

これは、見た目以上に、特に30代の男性にとっては重要な条件となります。

20代の女性が30代の男性に惹かれる最大の要素は『大人の余裕』です。
そして、その大人の余裕を作っているものの一つが【経済力】なんですね。

「ハイハイ、金ね…」

そう思う方もいるかもしれませんが、経済力は男が女にモテるためには非常に大事な要素になるので覚えておきましょう。

①30代の男性には必須!

恋活・婚活

今の時代、何をするにもお金は必要です。

衣食住はもちろん、将来、家庭を持ったとき、家族を支えられるかどうか
子供にきちんと教育を受けさせられるか、
病気になったら病院で治療を受けられるか、

その他、あらゆる物事に対して経済力が必要となってきます。

何も、贅沢をするためだけではありません。
もちろん、中にはそういう女性もいるでしょうが。

女性が男性の経済力を見ている理由は、実は現実的な意味合いが大きいんですね。

20代の男性なら、経済力があまり無くても仕方がありません。

女性も、そこを承知の上で付き合っています。

しかし、30代の男性に対しては、女性は経済力を期待します。

これは、別に贅沢をしたいからではありません。
将来、家庭を持ったときでも、安心して安定した生活を送り続けられるのかどうか、
また、贅沢はしなくても「自分が専業主婦になっても問題ないか」くらいの期待をはするわけです。

経済力が無い30代男性なんて付き合う価値がない、とまでは言いません。

しかし、恋愛対象になりにくい、ラポールを築きにくいことは頭に入れておきましょう。

②女性が重要視する「安心」

恋活・婚活

女性は、「この人と結ばれたとき、将来ずっと不安なく生活できるのか、家庭を支えてくれるのか」をもっとも気にします。
これは、どんな女性でも一緒です。

そこを安心させられるのが【経済力】というわけですね。

経済的に余裕があることで、将来の不安が払拭されます。
それが、女性が男性に求める「安心」「安定」となるわけです。

そして、女性が「安心」「安定」を感じられた男性はモテます。

③カネカネしてる女は意外と少ない

結婚相談所

贅沢な暮らしをしたいとか、
ハイブランド買いまくりたいとか、
海外旅行に行きまくりたいとか、

経済力をアピールすると、そういう女が寄ってきそうですよね。

でも、実はそういう目で男性の経済力を見ている女性は意外と少ないんです。

つつましい生活をしながらも、たまの贅沢はできるくらいの「ふつうの」経済力はあるのか、
自分が結婚して子供ができたら、その間は仕事を休んでも家庭が困窮しないくらいの経済力はあるのか、
将来、家庭ができて、子供が大きくなるまでの間、支えてくれるだけの経済力はあるのか、

こういった

「安心」「安定」の部分

つまるところ『頼れるかどうか』という部分を女性は見ているんですね。

「経済力を見ている」=「金のかかる女」
ではないということです。

④セレブである必要はない

結婚相談所

30代男性は、若さという意味で20代の男性には負けているわけです。

それなら、経済力は優れていてほしい、
贅沢させてほしいとは言わないけど、少なくとも経済面で心配はさせないでほしい、

女性はそう思っています。

決して、

セレブや資産家である必要はありません。
年収が何千万もある必要もありません。

少なくとも、20代男性の平均年収と比較したとき、それを上回るくらいの年収は持っているのがベターです。

もちろん、馬鹿正直に自分の年収を伝える必要はありませんが、【経済的に困っていない】【経済的に余裕がある】というアピールはすべきです。

何も、毎回デートで高級店に連れて行ったり、高額なプレゼントをしたり、海外旅行に頻繁に行く必要はありません。

⑤経済力を女性にアピールしよう

恋活・婚活

「経済力を女性にアピール」
こういうと何となく嫌らしく聞こえますが、とても大事なことなので必ずしてください。

何も金持ち自慢をするわけではありません。
あくまで、経済的に余裕があることが伝わればOKです。

そのため、先ほども言ったように、お金のかかるデートを毎回する必要はありません。 贅沢はたまにする程度で、あとは一般的な男女がするようなデートでも全然大丈夫です。

あとは、普段の会話から、経済的に余裕があるアピールをするのも手です。

「俺、年収〇万円でさ~」とわざわざ言わなくても構いません。 あからさますぎますし、嘘っぽく聞こえますからね。

そうではなく、
「最近、仕事の調子がいい」
「資産運用が上手くいっている」
「プロジェクトが上手くいってボーナスが出た」
このように【経済的に余裕がありそうなこと】を匂わせるくらいで十分です。

そうすれば、女性は勝手に「あ、この人は経済力あるのかな?」と想像してくれますからね。

⑥経済力アピールをする方法

恋活・婚活

あとは、

・身だしなみ
・住んでいる家
・乗っている車
・最近行ったお店
・最近行った旅行
・最近泊まったホテルや旅館

このあたりでアピールするのも手の一つです。

身だしなみは、全身ハイブランドを身につける必要はありません。

少しお金を掛けるとしたら、腕時計くらいで十分です。

それだけでも、十分にアピールはできますよ。

あとは、住んでいるエリアやマンション、乗っている車でもアピールはできます。
家に連れ込んだり、ドライブデートをすれば、その時点でアピールになりますからね。

あとは、ちょっと高級&お洒落なお店に行ったなら、それを写真に撮っておき、デートのときに見せるのもいいでしょう。

女性は、綺麗な写真、素敵な写真に食いつきます。

週に6日は吉野家やコンビニ弁当だとしても、残りの1日でお洒落なお店に行ったのなら、そこのアピールをしましょう。
すると、女性は勝手に「この人はいつでもお洒落な場所、高級店に行ける人なんだ」と解釈しますからね。

吉野家をディスっているのではありません。
吉野家は私も好きですし、よく利用しています。

あくまで、見せ方を意識することで、女性に経済力をアピールすることができる、という話ですね。

⑦管理人の経済力アピール

結婚相談所

ちなみに、私が20代の女性とデートをするときに使う、経済力アピール方法は次のようなものです。

自宅、マンションでアピール

婚活アプリ・サイト

家はパッと見で判断がしやすいです。
そのため、タワーマンションのような家に住んでいるなら、わざわざアピールしなくても、連れて行けばすぐに分かりますからね。

私も、タワマンに住んでいるときは、積極的に家に誘っていました。
下心とは別で、「家を見せれば、手っ取り早く経済力アピールができる」と思っていたからです。

実際、「屋上のテラスからの夜景が綺麗だから」という理由で、何人も連れ込めました(笑)

これが低層階マンションだと、なかなかこの手は使えません。
住んでいるだけで経済力アピールができるのは、タワマンの強みと言えるでしょう。

タワマンに住んでいないときは、せめて「高級っぽい雰囲気」のマンションに住むようにしました。

デザイナーズマンションとか、ふつうのマンションにしても、築浅の綺麗なところにするとか。
女性が見たときに、印象が悪くなるようなところには住まないようにしていました。

築30年の1Kボロアパートに住んでいたら、どれだけ経済力アピールをしていても、一気に信用されなくなりますからね。
身だしなみ、ファッション

ルックス以外だと、身だしなみも経済力アピールをする大きな要素の一つですよね。

ただ、私は自己顕示欲が少なく、ハイブランド自体にも興味がなかったので、身につけるものは安物ばかりでした。

マルイやユニクロのようなファッションチェーン店で買うことが多く、銀座や代官山など、お洒落・高級な街でファッションを揃えることは一切無かったです。

一番高額なもので、腕時計(5万円)くらいでしたね。
それでも、身だしなみには気を遣っていた方だと思います。

例えば、デートに行くときは女性ウケの悪い服装(短パンなど露出が多いもの)は着ない。 なるべく爽やかで、とにかくシンプルに、TPOをわきまえた恰好を意識していました。

シワの無い綺麗な無地のシャツに、小ぎれいなジャケットとチノパンといった感じです。

靴は、カジュアル目なローファーを履くことが多かったです。
スニーカーでも構いませんが、30代ということを考えると大人っぽい感じも出した方がいいですからね。

柄物は、上手く合わせるのが難しいので着ることは滅多にありませんでした。

こんな感じで、いつもデートに行っていました。

確かに、全身ハイブランドでコーディネートすれば、分かりやすく金持ちアピールはできるかもしれません。
ただ、それは「趣味が悪い…」と思われてしまうリスクも抱えています。

それに、全身ハイブランドで寄ってくる女は、お金が掛かる可能性が高いのでおすすめはしません。

というわけで、身だしなみでは無理に経済力をアピールするのではなく、あくまで「TPO」「清潔感」の部分を意識するようにしていました。

お金を掛けるとしても、腕時計くらいで十分です。

ごちゃごちゃとアクセサリーを付ける必要もありません。

この程度の気の使い方でも、20代女性と何人も付き合えたので正解の一つだと思っています。

車でアピール

車は、経済力アピールとは別でラポールを築くうえでとても役に立つアイテムです。
なので、積極的に使っていました。

ただ、正直、女性で車の価値が分かる人は少ないので、高級車にこだわる必要は無いと断言します。

高級車に詳しい女性というのも、何となくイヤですしね(笑)
それこそ、ファッションと同じように、高級車にやたら詳しい女性はお金が掛かる可能性が高いです。

ちなみに、私はレクサスのLSに乗っていましたが、10人を乗せても「すごーい、レクサスだ!」とか言う女性は1~2人いればいいくらいでした。
残りの8~9人は、車種も分かっていませんでした。
恐らく、なんとなく高級っぽい車だな~くらいにしか思っていなかったはずです。

正直、コンパクトカーとかでも十分です。

ボロボロの軽自動車とかは、さすがにNGですが。

大事なのは、女性ウケの悪くないデザインの車種を選ぶということ

あとは、とにかく『車を運転できる状況をつくる』ということが重要です。

そのため、極論、マイカーを持っていなくても、カーシェアリングなどでも十分なんですよね。

もちろん、公共交通機関が充実していない地方などでは、マイカーは必須でしょうが、都心部で電車などのアクセスが良いエリアではわざわざ持つ必要はありません。

「20代の女性に経済力アピールをする」という意味でも、マイカーを持つ必要性は大きくないです。

ただ、デートでドライブをするのは、ラポールを築くうえで非常にメリットが大きいです。

密閉した空間で二人っきり、会話も意外と弾みます。
隣同士に座って、顔を向かい合わせないのも大きいです。
ドライブデートは、女性との距離を縮めやすいんですよね。

それに、相手の家の前まで送迎したり、自分の家に連れ込みやすくなるというメリットもあります。
車中なら周りを気にせずキスもしやすいですし、車の存在は、20代に限らず女性を落とすために超役立つアイテムと言えるでしょう。

なので、マイカーは持っていなくても、車は運転できるよう運転免許は必ず持っておくようにしてください。

マイカーはあれば女性を落としやすい便利アイテムくらいの感覚でOKです。
ちょっと良いお店に連れて行く

恋活・婚活

私は、ちょっと良いお店に連れて行くことが多いです。
ポイントは「ちょっと良い」というところです。

別に、一人何万円も掛かるような高級店である必要はありません。

一人当たり1~2万円程度のお店で十分です。

よほどの金持ちでなければ、10万円のお店にほいほい行くことはできませんよね。
女性に奢ることを考えると尚更です。

でも、1万円くらいのお店なら、女性に奢るのはもちろん、自分ひとりでリサーチにも行けますよね。

値段がそれなりなら、あとは店の雰囲気や料理の見た目、味をとにかく重視します。
演出さえ気遣えば、ちょっと良い程度でも、十分に高級感のある、お洒落なお店になるんですよね。

そういったお店に定期的に女性を連れて行けば、「こんな素敵なお店をたくさん知ってるなんて、経済力あるんだな~」と思ってもらえます。

正直、あまり高額すぎるお店に連れて行っても、若い女性には違いは分かりません(笑)

10万円のお肉と1万円のお肉
その場で食べ比べたら、もちろん違いは分かるでしょうが、「美味しい!」と感じてもらい、女性にアピールをするなら1万円のお肉で十分なんですよね。

1万円のお肉を出しているお店で、かつ店の雰囲気、料理の見栄えがよければ、女性に経済力アピールをすることは十分可能です。

牛角だとさすがに味が庶民的過ぎますが、叙々苑クラスなら十分です。

ちなみに、ラーメンや牛丼屋、チェーン店のような大衆店は、付き合ってから行くのが無難です。

私は一人ならこういうお店は大好きなのですが、交際前に女性と行くことはありませんでした。

もし、そういったお店に女性誘った場合、
「は?貧乏くさ…」
などと言う女性はいないでしょう。
でも、内心いい気分ではありません。

付き合う前からこんな店に連れてくるなんて、ケチな人なのかな?貧乏なのかな?と勘繰られます。
そういったマイナス印象は、後々の悪い影響を及ぼしますので、交際前は避けるのが無難です。

私もラーメンや吉野家、ジャンクフードは大好きですが、付き合う前は女性と行くことはありませんでした。

付き合う前は、油断せず『多少取り繕ってでも良い面をアピールしたい』ところです。
仕事でアピール

恋活・婚活

仕事は、経済力アピールがしやすい要素です。
収入は、仕事内容に直結しますからね。

バイトや派遣、工場勤務が悪いわけではありませんが、経済力アピールをするには心もとないです。

どうしても、女性のイメージが良くありませんからね。

私の場合、自営業でWeb系の仕事をしていたので、アピールはしやすかったですね。
あと、自分の会社を持っていたのも大きかったです。

このあたりの情報を女性にそれとなく伝えれば、
「IT系って何となくカッコいい!お金持ちそう!」
「会社の社長?すごいお金持ちなんだ!」
などと、勝手にいいように解釈してくれますからね。

別に、「うちの会社の売上が〇円で、僕の収入は〇円で」と具体的に言う必要はありません。 「IT系」「会社社長」などを伝えるだけで、女性が勝手に良いイメージを持ってくれます。

自営でなくとも、「医者」「弁護士」「税理士」など、イメージのいい仕事をしているなら、それらをアピールするといいです。

あとは、「公務員」もいいかもしれませんね。

お金持ちのアピールにはならないかもしれませんが、安定した経済力のアピールには十分なります。

一般企業に勤めているなら、その会社が誰もが知っているような大手企業なら、そこをアピールする。
そうでないなら、経済力があるように感じてもらえるように演出して話すことが大事です。

なお、先ほども少し言いましたが、本業以外で収入があるなら、そこをアピールするのも手の一つです。

投資や資産運用などで収入があるなら、
どんなことをやっているのか?
どのくらい経済的に余裕があるのか?
をさりげなく伝えればアピールになります。

具体的な金額を言わないまでも、イメージの良いことを言っておけば、女性は勝手に良いように捉えてくれますよ。

とにかく、女性は安心したい生き物なので「この人はきちんと仕事をしていて、十分な経済力があるんだな~」と思ってもらうように意識してましたね。

別に「お金持ちアピール」をする必要はありません。

経済的に困窮していないこと、
経済的に余裕があること、
結婚しても家族を守ってくれそう、

こういった安心感を持ってもらうことが何よりも大事です。

「トーク力」がある

婚活アプリ・サイト

恋愛対象に見てもらうのに必要な3つ目の条件
それは、『トーク力』があることです。

トーク力は、女性とラポール(信頼関係)を築くうえでは欠かせないものです。

人間は、昔から会話でコミュニケーションを取ってきました。
それは、今の時代、恋愛においても一緒です。

ちなみに、ここでいう「トーク力」とは、何もホストやお笑い芸人レベルのものを指しているわけではありません。

あくまで、女性の緊張をほぐし、距離を縮めることが目的なんですね。

そのために必要なことは2つ。

1つ目は、「自己開示をする」
2つ目が、「女性に喋らせる」

です。

①「自己開示をする」

男性によくある勘違いなのですが、「とにかく女性に喋らせておけばいい」と思っている人がいます。

こう思っている人は、自分のことを喋らず、完全に聞き手に回ってしまうんですね。

「女性に喋らせるために聞き手に回る」自体は悪いことではないのですが、「質問攻めで自分の話をしない」は完全に悪手です。

女性は、基本的に喋りたがりな生き物。
それは確かなのですが、どうでもいい人に喋りたいわけではありません。

あくまで、信頼関係がある一定以上できた関係性の相手に対して、自分の話を聞いてほしいんですね。

信頼関係もできていない赤の他人に、自分のことをペラペラ喋りたがる人はいません。

まずは、女性に「この人と喋りたい!」と思わせる必要があるんです。

そのために必要なのが、『自己開示をする』ということなんです。

自己開示をする、とは、自分のことを相手に伝えること。
それは、プライベートなこと、自分が思っていること、過去に体験してきたこと
などなど
これらを相手に伝えることです。

ときには、人に話すのは恥ずかしいようなことでも、あえて話すことで、それが「自己開示」となり、信頼関係につながるんですね。

もちろん、ドン引きされるようなこと(性癖や犯罪歴など)を言う必要はありませんが、できるだけ自分のことは女性に開示するようにしましょう。
それによって、女性との信頼関係が生まれます。

よく知らない人よりも、よく知ってる相手のことの方が信頼できますよね。
そして、信頼できる人の方が、自分から色々話そうと思いますよね。

自己開示をする意味は、そういう意味があります。

「ラポールを築く」とは、「信頼関係を築く」と同意です
信頼関係を築くためには、会話は欠かせません。

そして、会話で信頼関係を築くためには、自分のことを相手に知ってもらうための『自己開示』が欠かせない、ということです。

口下手でも頑張って話そう

恋活・婚活

「自分のことなんて、女性は興味ないんじゃ…」
「口下手だし、上手く喋れる自信がない…」

もし、ここまで読んでそう思ったとしても、頑張って自己開示をするようにしてください。

自己開示せず、女性に質問攻めにしても、女性とのラポールは築けません。

「この人、自分のこと全然喋らないで、私に質問ばっかりだな…」
こう思われるとマイナスの印象を持たせてしまいますからね。

私も口下手なうえ、面白いこと・気の利いたことも言えないような男でしたが、女性と会うときはいつも自己開示から始めるように意識しています。

まずは、自分のことを知ってもらうために、【自己開示が先決】であることを頭に入れておきましょう。

上手に喋らなくても大丈夫

何も、上手く喋れなくてもいいんです。

ホストやお笑い芸人のような会話術である必要はありません。

つたなくても、懸命に、自分のことを知ってもらいたいと思って話せば、それはきちんと女性に伝わります。

下手なテクニックに頼ろうとするのではなく、「頑張って自分のことを伝える、伝えようとする」その姿勢が大切です。

複雑に考えず、
「自分のことを、この女性に知ってほしい」
「だから、自分のことを色々と話そう」
このようにシンプルに考えて自己開示をしてみましょう。

自分はどんな人間か
どんな仕事をしているか
どんな趣味があるか
どんなことが好きか
どんな家族や友達がいるのか
などなど

会社の面接で面接官に言うように話すのではなく、「友達に自分のことを知ってもらって仲良くしたいから」
そんなモチベーションで話すと上手くいきますよ。

②「女性に喋らせる」

パパ活

自己開示ができれば、あとは女性に好きなように喋らせましょう。

女性は基本的にお喋りが好きなので、ある程度信頼した相手なら、どんどんと喋ってくれます。

なので、ある程度自己開示ができたと思ったら、そこからは女性に積極的に話を振りましょう。

なお、コツとしては、質問攻めにするのではなく、1つのネタで話を広げることを意識すると、上手に会話ができますよ。

例)
悪い例
男「最近、どこか旅行に行きました?」
女「あ、先月に沖縄に行きましたよ!」
男「そうなんですね。」
女「はい。」
男「…」
女「…」

このように、質問に対して回答してくれたのに、そこに相槌だけうって終わると、会話が止まってしまいます。

次にまた違う質問をすると、それこそ、リポーターのような質問攻めになってしまうのでNGです。

良い例
男「最近、どこか旅行に行きました?」
女「あ、先月に沖縄に行きましたよ!」
男「沖縄!いいですね~観光ですか?」
女「はい、美ら海水族館に行ってきました♪」
男「あー有名な水族館ですよね!僕もずっと行きたかったんですよ♪面白かったですか?」
女「はい!大きな水槽があって、ジンベイザメがいて~」

このように、女性の回答に対して「興味津々な様子」を振る舞うこと
そして、少し大げさでもいいので「大きめのリアクション」を取ること
この2つを意識すると、女性も気持ちよく喋れます。

良い例のケースだと、自分も沖縄に行ったことがあるなら、それを話して、共感して、会話を広げていきましょう。 行ったことがなければ、自分も行ってみたい!という感じで、興味津々な様子で話を広げていくと、上手に会話ができますよ。

理想は、女性が喋ったことに対して「共感する」「自分の意見を言う(批判はしない)」「自分の体験談を言う」ように、自分も参加するように会話を広げると、女性の印象もいいです。

ただ単に、質問攻めにして、女性が喋ってもノーリアクションや相槌だけでは、女性も楽しくありません。

リポーターのようにだけはならないよう頭に入れておきましょう。

しっかりとリアクションを取り、自分も会話に参加することが大切です。
そうやって、女性が【楽しい】と感じる会話ができれば、自然とラポールも築けますよ。

会話の中で、どれだけ女性が【笑顔になれたか】【自分のことを知ってもらい共感してもらえたか】によって、ラポールの強度が決まると覚えておきましょう。

③トークも大人の余裕で

婚活アプリ・サイト

30代の男性は、20代の男性よりも、色々な経験をしているはずです。

仕事以外にプライベートでも、食事、旅行、趣味などなど

20代男性との経験の差は、トークに大きなアドバンテージとして行かせます。

そして、女性はそういった話を聞くのも楽しみにしているんでいます。

特に20代女性にとっては、一回り以上も年上の男性のトーク
「色々、楽しいことを話してくれるだろう♪」とも期待するんですね。

30代なのに、20代男性と比べても、つまらない人生経験しかしていないと、会話もつまらなくなってしまいますよね。

このように言うと、ハードルが高くなるように感じるかもしれません。
ただ、先ほどから何度も言うように、ホストやお笑い芸人なみのトークを広げる必要は無いんです。

少なくとも、女性が【つまらない…】と感じることのないよう、その点だけは気を付けましょう。

④どんなトークをする?

結婚相談所

人生経験豊富な30代男性の話、
それは、恋愛だったり、旅行だったり、趣味や仕事だったり、
色々なことがあると思います。

そういった、今までに経験してきたことを、女性が聞いていて楽しいと思えるように喋ることを意識してみてください。

単に、旅行に行った、だけじゃなく、
旅行でどんなことを見て、聞いて、体験してきたのか、
そしてどう感じたのか、

それを伝えるようにしましょう。

別に、誰にもできないような特別なことを話す必要はありません。

旅行や、最近観た映画、どこそこに行ったときの話などでも構いません。
大事なのは、自分が今までの30数年間で経験してきたことを、なるべく聞いている女性が楽しいと思えるように話す、ということです。

それができれば、会話のネタは何でもOKです。(下ネタでなければ)

⑤写真や動画を見せるのも大事

そして、会話の中で【写真】や【動画】を見せるのもとても大切です。

女性は、感受性が強い生き物です。
Webサイトや雑誌では、「文章は見ておらず、画像しか見ていない」と言われるほどです。

まあ、ここまで極端ではないかもしれませんが、言葉や文章よりも「写真や動画」に対して男性以上に意識が向きやすいのは事実です。

言葉だけでトークをするよりも、スマホで写真や動画を見せられれば、より強く興味を示してくれるんですね。

仮に旅行に行った話をするのなら、そこで食べた食事、見た景色、体験したことの写真を見せましょう。

そうすれば、きっと食いついてくれますし、会話を広げるネタ、ラポールを築く方法とし大いに役立ちますよ。

⑥トーク力を磨く方法

トーク力を磨くには、とにかく実践あるのみです。

色んな女性と会話をしまくるしか、磨く方法はありません。
とにもかくにも、女性のいる場に出て、たくさん会話をすることを心掛けてください。

自宅にこもって、一人で恋愛ハウツー本を読んでいるだけでは、決して向上することはないでしょう。

私も、20代までは大人しく口数が少ない陰キャでした。(今でも素はそうですが…)
さらに、女性の前だとアガってしまい、より一層無口になり、思うように喋れませんでした。

しかし、場数をこなすことで、今では自然と会話ができるようになったんです。

合コンや街コン、恋愛パーティーに参加する。
マッチングアプリで女性と出会いまくる。
ときには、キャバクラなど夜のお店にも行く。

こうやって、無理やりにでも実践の場に出て、女性に慣れ、会話をするのが一番効率的です。

実体験を積み重ねるしかトーク力を上げる方法は無いと頭に入れておいてください。

あとは、色々な経験をすることです。
何の経験もしていなければ、自分が喋れるネタなんて無いですよね。

普段、家にひきこもって何のイベントもない日常を過ごすだけでは、会話のネタは生まれません。

(以前の私がこれでした)

仕事でもプライベートでも、色々な経験をすることで、それを話せるようになります。

それを頭に入れて、趣味でも旅行でも、何でもいいので、小さなことから経験してみましょう。 それが、女性との会話で大いに役立ちますよ。

「自信」がある

恋活・婚活

ラポールを築くために必要な4つ目の条件
それは、『自信』があることです。

「見た目」や「経済力」と比べると、曖昧に感じるかもしれませんね。

ただ、「自信があること」は、女性と付き合ううえでは欠かせないものなんです。

特に、年下の女性、
今回のように30代男性にとって一回り以上も年上の『20代女性』と付き合うためには、必要不可欠な条件です。

①女性は自信のある男に惹かれる

恋活・婚活

女性は自信のある男性が大好き。

どんな女性でも、男性には『頼りたい』という意識を持っています。

普通の女性はもちろん、男勝りでどんなに気の強い女性でも、です。

いざというとき、何かあったときに守ってほしい…
それは、腕力・知力・経済力など色々な面で、、
女性は男性にそう望んでいます。

だから、女性は頼りがいのある男性を好むんですね。

②年上は頼りがいを感じる

これは、女性が年上の男性を好む人が多い理由にもなっています。

『頼れる』と感じる部分が、年上男性には、同年代や年下と比べて大きいということですね。

言い換えると、20代女性は30代男性に【頼りがいがある】ことを期待しているわけです。

そして、「頼りがい」があるかどうかを判断する要素として、経済力などはもちろん【自信があるかどうか】も見ているんです。

③自信のない男はモテない

女性は頼りがいのある男性が好き、
だから頼りがいのある年上男性と付き合う女性が多い、

頼りがいの有無は、男性の【自信】を見ている、
自信がある男は頼りがいがあると思われる、

男女の恋愛においては、このような法則があります。

アラサー男が、年下の20代女性と付き合うためには、頼りがい
つまるところ【自信】を持つことが必須なわけです。

なのに、相手の男性が自信なさげだと、とても頼りたいとは思えないですよね。

いざという時に頼れるかどうか?を、女性は普段から見ています。

誤解を恐れずに言うと、

「自信が無ければ」どんなイケメンでも、金持ちでも、性格が良くても、女性と付き合うのは難しいでしょう。

逆に、
「自信があれば」フツメン以下でも、金持ちじゃなくても、性格が良くなくても、女性と付き合うことは可能です。

それくらい、女性と付き合ううえでは、何においても重要な要素なんですね。

④自信のある男=安心感

パパ活

女性は、自信のない男性と付き合うことはありません。

一言でいうなら、自信のない男性と一緒にいても「安心感が得られない」からですね。

女性は、男性に対して色々なものを求めますが、その中でも一番求めるのが【安心感】です。

「この人と一緒にいたら安心できる」
「この人と付き合ったら大丈夫!」

そう思える男性に惹かれる特性があります。

デート中、不安そうで主体性がなく、常に女性の顔色ばかりうかがっている。
そんな自信なさげな男はまずモテません。

ごく一部の、草食男子好き女性からはアリと思われるかもしれませんが、大半の女性からはナシ判定されるでしょう。

⑤ブサメンでもモテる?

逆に、自信に満ち溢れている男性はモテます。
多少、ルックスが悪くても、性格が微妙でもモテます。

結局、いつの時代も、女性に対して積極的でグイグイ押せる男が彼女をつくってきたのはそういう理由なんです。

自信があるから、女性も一緒にいて安心するんですよね。

「俺と一緒なら大丈夫だから」
「俺に任せとけ!」

言葉自体には何の根拠も無いように見えますが(笑)、自信たっぷりに言われたら女性は安心してしまうんです。

言葉にしても、言葉にせず態度で表すにしても、
すべての言動に対して自信のあることが、モテる男の秘訣であり、必須条件となっています。

それがあまり根拠のない自信だとしても…です。

モテるため、特に30代の男性が20代女性と付き合うためには必須要素なので、しっかりと頭に入れておきましょう。

⑥自信を身につける方法

恋活・婚活

といっても、自信というのは、なかなか身につくものではありません。

生まれ持った性格も影響するので、なかなか簡単に身につくことはないでしょう。

ではどうすればいいか?

一つは、何等かの成功体験をすることです。

・太っているなら痩せる
・痩せているなら筋肉を付ける
・スポーツで結果を出す
・何らかの大会で結果を出す
・仕事で結果が出ていないなら結果を出す
・脱サラして、自営で成功する
・自分の会社、店を立ち上げる

どんなジャンルでも構いません。

努力によって良い結果が出たら、今までの自分を良く変えられたら、自然と自信は付きます。

なので、自分で「これができたらきっと自信が付きそう!」と感じることをまずはリストアップしてみてください。 そして、それらに取り組みましょう。

そうして結果が出れば、自然と自信は付きます。

その成功体験が1つや2つではなく、3つ4つと増えていけば、意識しなくても、自然と自信満々で女性と接することができるようになりますよ。

⑦管理人はいかにして「自信」を付けたか

ちなみに、私は20代後半までずっと、しがないサラリーマンでした。

ルックスも中の下、
仕事も大してできず、
運動音痴で、
経済力はもちろん、
トーク力もありませんでした。

まあ、モテない要素のオンパレードですね(笑)

こんな私なので、当然、自信があるわけなく、、
女性と付き合うどころか、良い雰囲気になることもなく、20代を終えます…

しかし、30代に入り、

・脱サラして、会社を立ち上げ
・事業が成功し、稼げるようになり
・ジムに通い、7kgのダイエットに成功し
・整形して、コンプレックスを解消し
・女遊びをして、女性に慣れたら

どんどん、どんどんと自信が付いてきました。

やればやるほど、頑張れって結果を出すほど、20代の自分が嘘みたいに、自信が付いていったんです。

そうしたら、20代のときにはあり得なかったような「モテ」を手に入れることができました。

一回り以上年下の可愛い女子大生と付き合うこともできましたし、
20代半ばの巨乳看護師と付き合うこともできましたし、
20代前半のハーフ美女と付き合うこともできましたし、
何人もの女性と関係を持つことができました。

それもこれも、「自信」を持ったからだと断言できます。 自信がなければ、そもそも女性にアプローチしようとさえ思いませんからね。

20代後半までダメダメだった私でさえ、30代に入ってから変われたんです。

この記事を読んでいる30代男性も、遅くはありません。
成功体験をすれば、自信がつき、きっと20代女性と付き合えるようになりますよ。

そのためには、まずは小さなことから、無理なく少しずつ頑張ってみましょう。

⑧自信がなくても「自信があるフリ」でもOK!

恋活・婚活

年下からモテるには自信が大事、

「そんなこと言ったって、自信が付くほど努力できないよ!」

そんなあなたに朗報です(笑)

実は、自信がなくても大丈夫な方法があるんです。

それは、「自信があるフリ」をすることです。

実際のところ、女性は「男性が本当に心から自信を持って行動しているかどうか」は分かりません。

あくまで、言動・所作で判断するしかないんですね。

なので、自信がある立ち振る舞いを素でできないのなら、「自信があるフリ」をすればいいんです。

それができれば、実際に自信が無かったとしても、女性の印象を良くすることは十分できますよ。

根っからの自信家というのは、なかなかいるものではありません。
人は、どうしても臆病な部分があるものです。

そこを、努力の積み重ねで、根っこから克服できればいいですが、なかなか難しいでしょう。
そういう場合は、女性と相対しているときだけ「自信がある風」を装うんですね。

普段はナヨナヨな性格だとしても、女性といるときだけでも、

・ジェントルマンで
・堂々と
・自信を持って(いるように)

振る舞えば、女性も安心します。

⑨一番の目的は、女性と『付き合う』こと

婚活アプリ・サイト

ここまで色々と言ってきましたが、一番の目的は『女性と付き合うこと』です。

このために、色々な策を講じる必要があるわけですね。

そして、その中でも重要度が高いのが「自信」というわけです。

自信がなければ、成功体験を積み重ねる
それが難しいなら、偽ってでも自信ありげに見せる

これが大事だと覚えておきましょう。

⑩優しいだけの男はモテない…

私も、モテない頃は、自信なさげに女性の顔色ばかり窺っていました。

それは、よくいえば『優しい人』ですが、それだけでは決してモテません。

主体性なく、女性の意見ばかり尊重していた頃は、まったくモテないんです。

しかし、女性に対して自信を持って接するようになってから、目に見えてモテるようになりました。

色々な経験をして自然と自信が付くようになったのもありますが、多少演じてでも自信ありげに見せたのが大きかったのだと感じています。

そこで、気づいたんです。

結局のところ、見た目や経済力も、もちろん大事だけど、
それ以上に大事なのは、臆することなく女性に対して、

・堂々とリードできるか?
・堂々と付き合ってと言えるか?

どうかだということを。

そして、これができるかどうかは「自信の有無」が大きく影響します。

自信が無ければ、堂々とリードもできないし、女性にグイグイ行くのも難しいでしょう。

ここに気づき、実践できるようになってからは、自分でも驚くほど20代女性と付き合えるようになりました。

「優しい」のは、モテる要素の一つだけどマストではない、
優しいだけではモテない、

『自信があること』が何よりも大切、優しさは二の次、

こういうことですね。

⑪20代女性と付き合うために

恋活・婚活

「紳士的で優しくできる」
「共感できる」

これもモテる要素としては大事ですが、それ以上に【自信のある男であること】が大事です。
自信があるうえで、こういった要素も生きてくるわけですね。

自信がないのに、女性に優しくしてばかり、共感してばかりでは、単なる「優しい人」どまりです。

もちろん、単なる優しい人が好きな女性もいますが、多くの女性に恋愛対象としては見てもらうのは難しいでしょう。

特に、20代の女性は30代男性に対して、引っ張っていってほしい気持ちは大きいです。
同年代や年下ならともかく、自分より一回り以上も年上なわけですからね。

この点をしっかりと頭に入れて、女性はもちろん、20代の年下女性とデートをするときは、必ず『自信』を意識して対応するようにしてください。

そうすれば、他の条件が多少悪くても、きっと付き合うことはできますよ。

恋愛対象に見てもらうため条件まとめ

以上で、【30代男性が20代女性から、恋愛対象に見てもらうのに欠かせない方法】として『4つの条件』は終わりになります。

1.「見た目」が良いこと
2.「経済力」がある
3.「トーク力」がある
4.「自信」がある

まずは、何はともあれ、できることから少しずつ努力をしてみることが大切です。

「見た目」がイマイチなら、

・ファッション
・ヘアスタイル
・ダイエット
・プチ整形
・思い切って整形する

など、出来る範囲から始めましょう。

「経済力」がイマイチなら、

・本業を今まで以上に頑張る
・副業をはじめる
・脱サラして起業
・資産運用をする

など

「トーク力」がイマイチなら、

・トークの上手い友達から吸収する
・営業の仕事をする
・恋愛ハウツー本を読む
・合コンや街コンに行き女性と喋りまくる

など

「自信」がイマイチなら、

・小さなことでも成功体験を積み重ねる
・偽ってでも自信ありげに振る舞う

など

いきなり、「整形」や「起業して会社設立」など、大きな目標を立ててしまうのも悪くはありませんが、まずはクリアしやすい小さなタスクから始めてみましょう。

4つの条件、しっかりと頭に入れておいてくださいね。
そして、少しずつできる範囲で行動していきましょう。

そうして結果が出れば、自然と自信も付き、女性からも恋愛対象に見られるようになりますよ。

20代はまったくモテなかったけど、30代に入ってから何人もの20代女性と付き合っている私がお約束します。

まとめ

婚活アプリ・サイト

以上、今回の話をまとめると次のとおりです。

恋愛対象に見てもらうために必要な4つの条件

1.「見た目」が良いこと
2.「経済力」がある
3.「トーク力」がある
4.「自信」がある

・この4つの条件を自分が満たしていると、30代でも高い確率で20代女性の恋愛対象になるし、付き合うこともできる
1.「見た目」が良いこと ・まずは第一印象で「アリ」と思ってもらう必要がある
・そのためには、見た目の「清潔感」が大事
・イケメンである必要はない
・「雰囲気イケメン」を目指すべし!

2.「経済力」がある ・30代男性には必須(年上には経済力を頼りたい女性が一般的)
・セレブ&お金持ちである必要はない
・しかし、多少の経済的な安定&余裕は必要(貧乏、ケチと思われる行動はNG)
・嫌らしくない範囲で積極的にアピールすべし

3.「トーク力」がある ・トークは女性とのラポール(信頼関係)を築く上では欠かせない
・女性を質問攻めにするのはNG
・まずは自分から「自己開示」すること
・その次に、女性に話を振り、会話を広げていく
・ホストやお笑い芸人のようなトーク力は不要
・「自分を知ってほしい」「君のことが知りたい」という気持ちで話すのが大事
・写真や動画など、視覚的な情報を使うのは効果的

4.「自信」がある ・30代男性には必須(年上には頼りがいを求める女性が一般的)
・自信なさげな男はまずモテない
・自信のある男はブサメンでもモテる
・自信をつけるためには、成功体験を積み重ねるのが大事
・自信が無くても「自信のあるフリ」でもOK

以上で、「30代男性が20代女性の恋愛対象になり、付き合うための4つの条件」は終わりになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

30代男性と20代女性のカップリングについて詳しく書いている記事もございますので、よろしければお読みください。
⇒ 30代男性と20代女性のカップルは普通?アラサー非モテ男子必見!

The following two tabs change content below.
タクヤ

タクヤ

年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。
この記事を書いている人 - WRITER -
タクヤ
年齢:30代後半 仕事:自営業 顔はイマイチ&コミュ力無しの典型的な非リア充だったが、可愛い彼女を作りたい!美人のお嫁さんが欲しい!という一心で、50個を超えるマッチングアプリを使い、3つの結婚相談所に登録、婚活パーティーや街コンにも行きまくり、あまつさえ交際クラブにも登録するなど、あらゆる出会いの方法を貪欲に実践。 その結果、一回り以上も年下の可愛い彼女を作ることができ、そして美人のお嫁さんと結婚することができ、幸せな家庭を掴み取る。

Copyright© 男の恋愛ラボ , 2020 All Rights Reserved.